趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

北海道単独ドライブの思い出

f:id:sikinomori117:20190417065628j:plain

この記事は遠い昔の記憶をたどったドキュメンタリー

 

まだ二十歳になったばかりの9月、北海道単独ドライブを計画していた。

 

高校を卒業して務めた会社は入社から1年半の間、一度も有給休暇を取らなかったことが幸い。

 f:id:sikinomori117:20190417065543j:plain

職場の上司に申し出た1週間の休暇はすんなりと受け入れてもらった。

 

 『一週間でいいのか?』と言われ嬉しくなった記憶がある。

 

毎月コツコツと貯めたお金を頭金にして当時憧れていた車、ホンダ1300クーペ9を中古車で購入した。

 

この車は空冷1300cc DDAC方式(デュオダイナエアークーリングシステム)

 

最高出力110馬力で車重は僅か900Kgだった。

 

1日目

 

この車に予備のガソリンタンク20Lを積んで夜の8時に地元愛知を出発

 

途中長野市内で、検問に合い後部に積んであるタンクについていろいろと質問を受けることになっ た。

 

これから北海道まで行くという説明を聞いた警察官に気を付けて行きなさいと言われ無事に解放された。

 

長野を通過して糸魚川に出たころには空が薄っすらと明るくなってた。

 

少し仮眠を取り再びハンドルを握る

 

秋田近くの日本海側道路を走っている時に、三人連れの男子高校生らしき若者がヒッチハイクをしていたので、乗せてあげることにした。

 

 f:id:sikinomori117:20190417070203j:plain

 

どこまで行くの?『青森までいきてー』 よし判った方向は同じなので一緒に行こう

 

そのまま青森まで突っ走る。仮眠は取ったものの殆ど眠っていない。

 

高校生達を青森駅で降ろして、青函連絡船の乗船手続きをとる。

 

連絡船に乗って暫くボーっとしていたら、いつの間にか青森を出港していた。

 

 f:id:sikinomori117:20190401073616j:plain

 

驚くことに連絡船に乗っている客が殆ど居ない。

 

どの部屋でもいいから自由に使ってもいいよと言われ船の中をうろうろしていた。

 

疲れて眠っているうちに函館の港に着いた。

 

やったー北海道に着いたぞー

 

 f:id:sikinomori117:20190331202844j:plain

 

 2日目

 

北海道の道は広くて走りやすい。調子に乗って飛ばしていたら、目の前に警察官が!

 

f:id:sikinomori117:20190401072416j:plain

 

しまったと思ったらスピード違反でお叱りを受ける。

 

35キロオーバー (後から通知が来て免停講習を受ける)

 

検問の警察官が車に乗り込みハンドルを握って(交通ルールは守らないといけませんね)ごめんなさい!

 

やらかしてしまったが、めげずにドライブ続行、旭川の少し手前でどこかに泊まろうと車を停めて探す。

 

交番で訪ねてみたが、この返には無いから交番の二階で良ければ朝まで停まってもいいとの何とも優しい言葉に、すんなり甘えて泊めてもらう事にした。

 

考えてみれば、出発してから長野・札幌・旭川といつも警察官のお世話になっていた。

 

3日目 

 

交番の二階ではぐっすり眠れて早朝に出発。住所氏名を書いて、お礼のメモを書置きして出発。

 

どれだけ走っただろう、層雲峡の手前にあるトンネル前で2人の女性が困った様子で立ち止まっていた。

 

f:id:sikinomori117:20190417062522j:plain

 

どうかされたんですか?トンネルを歩いて通るのがこわくてどうしよ うか困っていたとのことでした。

 

 f:id:sikinomori117:20190417063206j:plain

 

 

では向こう側までどうぞと後部座席に乗ってもらった。

 

行き先を訪ねると、女満別の旅館に予約してるとの事で現地まで送ってあげることにした。

 

東京から来ているとのことで車内で楽しく話ながらのドライブになった。

 

女満別の旅館で私も宿泊、夕食は三人で食べることになった。

 

 

f:id:sikinomori117:20190402174318j:plain

 

4日目 

 

明日の予定を聞くと、阿寒湖までとのことだった。

 

f:id:sikinomori117:20190417064615p:plain

 

翌朝、旅館を出発、林道の中をガンガン走って目的の阿寒湖へ、彼女達を降ろして再び走り出す。

 

一週間休暇予定の私は日程も考えて魔周湖に回った、幻想の湖 まさに霧の摩周湖が目の前に現れた。

 

f:id:sikinomori117:20190417064104j:plain

 

 

摩周湖では湖畔の店でペナントを購入(旅行の証拠)そして、私はいっきに襟裳岬まで下った。夜の海岸道路は高波が来て本当に恐ろしかった

 

遠くに明かり見えて何とか泊まれるところを見付けた。

 

阿寒湖で降ろした彼女達に旅館の電話を借りて、無事に襟裳岬に着いたことを報告した。

 

 f:id:sikinomori117:20190401120136j:plain

 

当時は携帯はおろか、公衆電話もあまり無かった時代だ、連絡するにも大変だった。

 

5日目

 

そして翌朝、再び函館までひた走る。後部座席には誰も居なくて何となく後ろ髪を引かれるような気持ちだった。

 

青函連絡船から青森へ戻り、4号線を下って花巻でジンギスカンを食べた様に思う。

 

それからは東京まで寄り道もせずに真っすぐ戻った。

 

 6日目

東京から地元までの帰り道では、阿寒湖で降ろした彼女たちはどうしているか?

 

そんな心配をしながらの帰路であった。

 

あれから何十年の月日が流れただろうか?単独でドライブしていると、誰かと話しがしたくなるのは今も変わらない。

 

旭川手前の交番二階での宿泊(あの時は本当に助かりました)

 

秋田で乗せた高校生の男子三人組(気を付けて帰れやー)

 

層雲峡のトンネル手前で乗せた彼女たち(無事に東京に戻りましたか)

 

全走行距離3200キロ

 

高速道路の無い時代でのロングドライブ、反省すべき苦い経験もありましたが、人との触れあいを通じて得たものは一生の宝物。

 

まだ二十歳だった私には、楽しかった青春の思い出でした。

 

 スポンサーリンク

るるぶドライブ北海道ベストコース'20 (るるぶ情報版ドライブ)

るるぶドライブ北海道ベストコース'20 (るるぶ情報版ドライブ)