趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

新緑の雑木林で時間を忘れるひととき!

f:id:sikinomori117:20190419051242j:plain

4月中旬、この季節の雑木林は一雨毎に木々の小さな蕾が膨らみ、殺風景だった山の風景を新緑の森へと姿を変えて行く。

 

この季節でも早朝の山小屋は寒い、気温を見ると7度位を示していた。

 

f:id:sikinomori117:20190419032845j:plain

残り少なくなった石油ストーブを着けて汲み置きしてあった水でお湯を沸かし熱いコーヒーを入れる。

 

デッキに出てみると小鳥たちのさえずりが聞こえてくるが殆ど姿を見たことがない。

 

耳を澄ませると遠くでコンコンコンと木の表面をたたくような音が聞こえてくる。

 

暫くすると段々と近づいて来た。

 

一瞬だけ小さな鳥の姿を見る事が出来た。

 

キツツキかな?スズメ位の大きさだった。

f:id:sikinomori117:20190419020558j:plain

 

めったに見る事が出来ない小鳥の姿を一瞬だけでも見る事が出来たのは幸運だった。

 

小鳥のさえづりを聞いていて、その鳴き声がこんな風に聞こえて来る。

 

『いい鳥だね・いい鳥はいいね』

 

何度聞いてもやっぱり『いい鳥だね・いい鳥はいいね』と聞こえてくる。

 

ピーピピピピ ピーピピピ ピーピ

イートリダネ イートリハ イイネ

 

これは妄想でも何でもない!この季節に来るこの鳥の名前を勝手に『いい鳥』と名付けてしまった。

 

いい鳥の声を聴きながら、ドアを開けて足元を見てみると、昨年の10月に植え付けたゴールドクレストの苗が寒い冬を乗り越えて、綺麗な緑の葉に変わっていた。

 

f:id:sikinomori117:20190418175744j:plain

 

このゴールドクレストが大きく育って山小屋のシンボルになるといい。

 

足元には、普段何処にでも生えている、カラスのエンドウ、おおいぬのふぐり、キツネの孫等の、小さな花が沢山咲いて里山の春を演出していた。 

 

f:id:sikinomori117:20190419033140j:plain

 

 

f:id:sikinomori117:20190419033220j:plain

 

これはイチゴかな?何が出来るか楽しみ!

f:id:sikinomori117:20190419033000j:plain

 

デッキに戻って2杯目のコーヒーを入れる。

 

昨年の秋に台風で倒れた桧をテーブル代わりにして暫くは小鳥達のさえづりを聞きながら風で揺れる木々の緑を眺めていた。

 

f:id:sikinomori117:20190419033040j:plain

 

小鳥のさえづりと風の音以外は何も聞こえない静かな空間に居ると時間を忘れてしまう。

 

f:id:sikinomori117:20190418182134j:plain

 

小鳥や草花等、自然の移り変わりを感じながら、今年は山の斜面に作った小さな野菜畑に何を植え付けようかとあれこれ考えていた。

 

f:id:sikinomori117:20190419032939j:plain

 

この小さな畑は、側溝に溜まった落葉をかき集めて土と肥料を入れて、昨年からねかせておいたもの。

 

昨年は、カボチャを植えてみたが近くに有った楢の大木が陽を遮りうまく育たなかった。

 

しかし、たまたま立ち枯れを起こし伐採した事で、今年は野菜が育つかもしれない。

 

手始めにゴーヤくらいを植え付けてみようかと考えていた。

 

困ったもので、この辺りは狸さんが生息しているので、昨年は茗荷を全部食べられてしまった。

 

f:id:sikinomori117:20190419045242j:plain

 

狸の嫌いな野菜を調べてからにすることにしょう。

 

自然の中に居たら随分時間が過ぎてしまった。

 

小鳥達のさえづりは、だんだんと賑やかになってきた、そのうちウグイスの鳴き声も聞こえて来そう。

 

f:id:sikinomori117:20190419050258j:plain

 

一週間後には、山が緑で埋め尽くされているかもしれない。

 

いい鳥さん また来るね!

 

f:id:sikinomori117:20190418182929j:plain