趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

初めて入るお店(ブログ記事)のドアを開く時!

f:id:sikinomori117:20190419203524j:plain


こんばんは


ドキドキする瞬間!


気温が上がりビールが美味しい季節になって来ました。


1週間頑張って働いた後はストレス解消に飲み屋に出掛けるのも楽しみのひとつです。


私は気ままに一人で飲みに行くのが好きで、週末は何時も出掛ける商店街に繰り出す事が多いです。


かなり前の話ですが、商店街の殆どの店は入っているのに、一軒だけどうしても入れない店がありました。


入り口が暗くて、木彫り風のドアがいかにも高級そうで、庶民の私にはとても入れそうにないと思っていました。


ある時その店の近くで飲んでいて、お客さんの会話から『あの店もうすぐ閉店するらしいよ!』


そんな話を耳にして、閉店前に1度だけでもドアを開けてみたくなり、飲んだ勢いで思い切って入ってみました。


入ってみると、そこはごく普通の飲み屋さんで、料金も比較的安かったようにおもいます。


いろいろと話を聞くと、入り口の雰囲気はオーナーの趣味らしいことが判り、そうだったの?


と思わず苦笑してしまいました。


それにしても、初めての店に入る時ってドキドキしませんか?


それと同時に、入り口の雰囲気って本当に大切なんだと思いますね。


もしかしたら、ブログも同じかも知れません。

この記事面白そうだな!なんか興味ありそう。

そんなタイトルの記事には沢山の読者さんがついています。


魅力のある記事には何時も常連さんが(読者)沢山来ています。


ブログの商店街を散歩してる中で目に留まるようなタイトルが有れば、お客さんはドアの前で立ち止まり、ドアを開けてくれるかも知れません。


まずは、ドアの前で立ち止まってもらう事が、初めてドアを開けてもらうための絶対条件であると思います。


私の場合まだまだ立ち止まってもらうことも難しい内容の記事ばかりですが、こんな私にも読者さんがついて下さっています。


本当にありがたい気持ちです。


初めて入るお客さんにも、常連客にもドアを開けて貰えるような記事が書けるように少しずつですがスキルアップ出来るように頑張りたいです。


そのためには何をすればいいのか?


じっくり考えてプランを立て、行動計画を元に実行し、実行した事が正しかったかを確かめて、修正すべき点を直していくことだと思っています。