趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

検出インデックス未登録に変化有り!

f:id:sikinomori117:20190502153923j:plain

こんにちは、この地方は五月晴れの一日になりそうです。

 

昨日、検出インデックス未登録に関する報告書のような記事を書きました。

 

登録状況に動きが有りましたので、引き続き記録して行きたいと思います。

 

下記は昨日5/1の記事です。

 

www.mominokihausu.com

 

昨日の状況から約24時間が経過しました。

 

Googleサーチコンソールのカバレッジ記載内容を確認しました。

 

有効3・除外2となっていました。

 

有効内容3の内訳

 

➀サイトのホーム画面が表示されるURLです。

 

➁・③の記事はホーム画面の中で確認出来る記事のURLです。

 

※ホーム画面には、サイト内の全記事が表示出来るようにリンクが貼ってあるために、このホーム画面のURLが有効になっているという事は、サイト内の全記事が有効であると勝手に判断しています。(違うかも知れません?)

 

➁除外2

 

クロール済インデックス未登録

 

・1件はURL登録はされていたので、インデックスのリクエスト後、インデックス完了

・もう1件はプロフィールのURLなので、文字数が少なくて除外でしょう?

 

残りの46件は?と思いましたが、サイトマップ内容を確認してみると51件登録されています。

 

カバレッジの部分をクリックしても表示されないので46件の内訳は今後表示されるのかも知れません。

 

尚、サイトマップのデーターを確認してみると、今朝送信したサイトマップ5/2からの新しい内容に切り替わっていました。

 

サイトマップ送信→検出インデックス未登録から→クロール済インデックス未登録へは時系列で変化していくようです。

 

以上、報告書のような結果になりましたが、事実を元にしたサイトマップからインデックスまでの状況を記録してみました。

 

もうひとつの疑問について

 

 昨日書いた記事にもありましたが

 

サイトマップインデックス は正常に処理されました』についてもう少し調べてみました。

 

ここで書かれている正常に処理とは?

 

どんな処理状況を示しているのか?

 

よくよく調べてみると……こうゆうことみたいです。 

 

サイトマップが読み込まれ、エラーなしで正常に処理されました。

 

すべてのURLがクロールのキュー(データーの先入れ先出し)に追加されます。

 

早く仕入れた商品の順に処理(販売)するような仕組み

 

つまり、これにより古いデーターが押し出され新データーに切り替わるということでしょうか?

 

Webの世界でも『先入れ先出し』という生産現場用語が出て来ることを始めて知りました。

 

ここから先は、初心者が自分用にメモしたものなので、見解の違い等がありましたらお許し下さい。

 

Google検索の基本(ヘルプセンターで確認)

 

クローリング

 

➀ウエブにどの様な記事が存在するかを把握する。

 

・新しいページを絶えず検出し、既知のページのリストに加える必要がある。

 

このプロセスをクローリングと呼びます。

 

・Googleが既にクロールしているページは既知のページ

 

➁既知のページから新しいページのリンクをたどり他のページが検出

 

・Googleによるクロールを希望するページのリスト(サイトマップ)を提出することで検出されることもあります。

 

クローラビリティの改善

 

・既に検出している別のページに新しいページをリンクさせます。

記事内のリンクでもいいとおもいます。

 

インデックス登録について

 

・Googleがコンテンツをインデックス登録するかどうかは、システムのアルゴリズムによって決定される。(問題を解くための手段・計算方法 )

 

・ページのURLを利用してコンテンツを検出するためURLが無いとシステムはクロールもインデックスも出来ません。検索結果にも表示されません。

 

コンテンツを早く見つけてもらうために

 

 ・URLを管理する

 

サイトマップと呼ばれるURLリストを作成してGoogleのシステムに提供

 

新しいURLや、既存のURLのコンテンツを更新したことをGoogleに伝えることで発見が早くなります。

 

 以上報告を終わります。