趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

お店の生ビールと同じくらい美味しく飲む缶ビールのつぎ方!

f:id:sikinomori117:20190422165443j:plain

 

昨日、何時もの居酒屋さんで面白いエピソードがありました。

 

私が店に入った時、先客に団体さんがみえてかなりの量の生ビールを飲まれていたようで、店に入って暫くして、何時もの美味しい生ビールが売り切れてしまいました。

 

時刻が11時を回っていたので仕方ありません。

 

ごめんね!ビール終わっちゃったよ~缶ビールで良ければあるよ。

 

いいよ、冷蔵庫の缶ビール貰うよ~

 

何時ものジョッキに500mlの缶ビールを注いで飲んでいたら、店のオーナーとスイカ作りの話が始まり、2本~3本位飲んで、だいぶ酔いが回ってきたました。

 

オーナーと遊び心でドッキリ仕掛け

 

それから仲良しの常連さんが入って来たのが、30分位後からでした。

 

オーナーと話して生のジョッキに缶ビールを注いで出してみたら?

 

味の違いに気がつくかな?

 

ちょっと遊びのつもりでやってみることに!

 

店のオーナーが奥に入って知らん顔してジョッキに注がれた缶ビールを出すと、何時もの常連さんが、グイ~と飲んで、アーここの生ビールは美味しいな~

 

その言葉で、私とオーナーが思わず顔を見合わせてしまった。

 

長年通っている常連さん同士なので、これはドッキリだよと説明。

 

その常連さんがそういえば味が違うね!

 

その言葉に3人で大笑いになった。

 

何時も飲みなれている生ビールとの違いって?注ぎ方次第で判らないものですね。

 

自宅で少し飲んでから出掛けた場合は、特に味の違いは判らないと思います。

 

自宅の冷蔵庫で冷やしている場合は、温度が下がり過ぎて泡が出にくくなりますが、思い切り冷えたビールも美味しいですね。

 

それでは、お店で飲む生ビールはどうして美味しいんでしょう?

 

銘柄の好みも有りますが、なんで?

 

居酒屋さん等で出される生ビール

 

居酒屋さんとかのお店で出される生ビールはサーバーで冷やされ炭酸を通した泡を作った状態で出されます。

 

温度も定温[5度位]に管理され、何と言ってもきめ細かい泡立ちが生ビールの持ち味です。

 

その泡が酸化防止と口当たりの良い滑らかさを演出しています。

 

缶ビールも注ぎ方をくふうすると生に変身!?

 

➀グラスを冷凍庫冷で冷やす。

 

➁缶ビールを泡が出るように少し高い位置から注ぐ。

 

➂1/3位入れたら泡が落ち着くまで少し待ちます。

 

➃残りのビールをゆっくり注ぎます。

 

➄泡は1/3位がベストです

 

これを実践して出されたら?

 

瓶ビールは勿論、缶ビールもこの手法で出されたらこの生ビールは上手いの一言になるかと思います? 

 

これからビールの美味しい季節、お店で飲む生ビールはメチャクチャ美味しですが、自宅で冷やした缶ビールもひと工夫してみるのも楽しいですね。

 

明日からまた仕事です。頑張りましょう!

 

 スポンサーリンク

アサヒ スーパードライ 350ml×24本

アサヒ スーパードライ 350ml×24本

 

  

 

サッポロ 黒ラベル [ 350ml×24本 ]

サッポロ 黒ラベル [ 350ml×24本 ]