趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

降雨時の自転車事故防止には合羽着用を!

 

f:id:sikinomori117:20190530212317j:plain

一昨日の雨降り時に自転車同士の接触と思われる事故を2件も目撃しました。

 

1件は、カーブで接触したらしく、丁度救急車が来てケガ人を搬送する所でした。

 

もう1件は長い下り坂での接触事故のようでした。

 

二件とも高校生が自転車通学の途中に起きた事故に見えました。

 

たまたま二件とも信号待ちしていた時に目撃したので、詳しい状況は不明です。

 

f:id:sikinomori117:20190531114241j:plain

 

当日は、かなりの雨量でしたが、雨降りにも関わらず雨具を着用せずに走行する自転車が目立ちました。

 

雨天時に自転車で走行する場合はやはり合羽は必需品です。

 

水にぬれた道路は滑りやすく軽い自転車のタイヤは横滑りもしやすいです。

 

車も自転車も人も、雨降りの日は前方の視界がとても悪くなります。

 

何時ものような走り方では、危険回避出来なくなる可能性が高いです。

 

スピードを控えめに安全な速度で自転車を走らせるには、時間的なゆとりは勿論大切ですが、何時も備えておく、カッパは絶対に必要だと思いました。

 

出掛ける直前に雨が降りそうだったり、何時雨が降るか判らないくらいに不安定な天候の時は、必ず雨具を準備してから出かけるようにしてほしいものです。

 

突然雨が降り出して慌てて走るのが一番危険です。

 

ゴムや樹脂の靴で歩行中、水にぬれたところで滑りそうになった経験があると思います。

 

それと同じように、タイヤも滑りやすくなります。

 

雨が降っている時は必ず自転車用の合羽を着用。

 

雨が降りそうな時は、携帯用の合羽を常備して出掛けましょう。

 

雨対策をしっかりと行って、事故を未然防止したいですね。

 

もうしばらくすると梅雨の季節になります。

 

車はフロントガラスのコーティングで前方視界をクリヤーに。

 

 スポンサーリンク

 

自転車や歩行者は、雨具(傘・合羽)を着用又は常備。

 

事故防止のために出来ることから始めたいですね。

 

 スポンサーリンク

 

  

 

 関連記事

www.mominokihausu.com