趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

Webページが検索される仕組みを簡単に説明!

 

f:id:sikinomori117:20190604170151j:plain

こんにちは

 

日頃当たり前のようにWebで調べたいことを検索していますが、Webの検索って、どんな仕組みなのかな?

 

そんな疑問をもっている方もみえると思います。

 

まだまだ勉強中の私ですが、これまでに理解出来た範囲内で簡単に説明して行きたいと思います。

 

Googleでは大きく分けて3つの工程でWebページから検索結果を抽出しています。

 

 

➀クローリング

 

Webにどの様なページが存在するのかを把握することです。

 

Googleは新しいページを絶えず検出し、既知のページのリストに加える必要が有ります。

 

この検出プロセスをクローリングと呼びます。

 

Googleが既にクロールしているページは、既知のページです。

 

Googleが既知のページから新しいページのリンクをたどることで、他のページが検出されます。

 

クロールをリクエスト

 

Webサイトの所有者がGoogleによるクロールを希望するページのリスト(サイトマップ)を提出することで検出されるページもあります。

 

クローラビリティを改善するのには

 

私が、理解している範囲では2つの方法があります。

 

・ページ内リンクによる方法

 

Googleが既に検出している別のページに新しいページをリンクさせます。

 

 ・過去記事の貼り付け

www.mominokihausu.com

 

 サイト全体がクロールされるようにするには、ホームページと全てのページにリンクするナビゲーションシステムを組み込む必要があります。

 

グローバルナビゲーション関連

 

➁インデックス登録

 

ページが検出されると、Googleはそのページの内容を把握しようとします。

 

このプロセスをインデックス登録と呼びます。

 

Googleではページのコンテンツを分析し、ページに埋め込まれている画像や動画ファイルのカタログを作成して、ページの内容を把握します。

 

この情報はインデックスに保存されます。

 

Googleインデックスは、膨大な数のコンピューターに格納されている巨大なデーターベースと言えます。

 

効果的なインデックス登録の方法

 

・短く判り易いタイトルを付ける

 

・ページの内容が伝わる見出しを付ける

 

・画像ではなく、テキストを使用して内容を伝達する

 

※Googleでは一部の動画や画像については理解出来ますが、テキストの方が理解し易いようです。

 

Googleにコンテンツを見付けてもらう方法

 

クロールしてくるのを待つ方法

 

・コンテンツ作成以外の作業が発生しない。

 

・発見の方法が自然なリンクのみになるのでGoogleのシステムがコンテンツを見付けられない可能性があります。

 

・サイトに新しく加わったコンテンツや、リンクが少ないコンテンツは見つかりにくい。

 

URLを積極的に管理する方法

 

サイトマップと呼ばれるコンテンツのURLリストを作成してGoogleのシステムに直接提供すると、Googleはページの参照関係のみに頼ってウェブをクロールするよりも早くコンテンツを発見出来るようになります。

 

Googlesearchコンソールのホーム画面から、自分の調べたいURLをクリックしてサイトマップ欄を表示させると検出されたファイルの件数等の状況が確認出来ます。

 

カバレッジレポートで検出インデックス未登録のファイルが確認されたら、URL検査を行い、インデックス登録をリクエスト出来ます。

 

インデックス関連記事をご参照下さい

www.mominokihausu.c


新しくコンテンツを作成した時は、サイトマップ送信を行うことをおすすめします。

 

私のサイトは本日、10件程インデックス登録リクエストを行いました。

 

➂検索結果の表示ランキング

 

ユーザーが検索クエリ入力すると、Googleは様々な要因に基いてインデックスから最も関連性の高い回答を見つけようとします。

 

最も精度の高い回答を判断し、ユーザーの高い利便性と最適な回答を提供するため他の要素も考慮します。

 

ユーザーの所在地、デバイス環境、等の要素が考慮されます。

 

ランキングはプログラムによって決定されます。

 

ランキング向上の方策

 

・ページの読み込み速度を早くし、モバイルに対応します。

 

・有益なコンテンツをページに掲載し、最新の状態を維持します。

 

・ユーザーの利便性確保のため、ウエブマスター向けガイドラインに準拠します。 

 

まとめ  

 

以上、Webページが検索される仕組みを簡単に整理してみました。

 

・クロール

 

・インデックス登録 

 

(サイトマップにより見付けやすくする)

 

・検索結果表示(ランキング)

 

検索される仕組みをしっかり勉強することで、検索されやすいサイトづくりに役立つということですね。

 

ここまで読み進めていただきありがとうございました。