趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

車間距離をしっかり開けてゆとり運転を!!

f:id:sikinomori117:20190622212554j:plain

こんにちは

 

ご訪問ありがとうございます。

 

皆さんは日頃運転中に後続車からあおりを受けたことが有りませんか?

 

特別に遅い速度で走っている訳ではないのに後続車がピッタリと着いてくると、なんか嫌な気分になりますよね。

 

私の場合は、軽自動車なので大きい車が来ると面倒なので左に寄って直ぐに路を開けてしまいますが皆さんはどうですか?

 

先日何時も通っている山間部の登り坂のカーブで、凄い勢いの車が近付いてきました。

 

その車は追い越し禁止て見通しの効かないカーブにも関わらず、右側に大きくはみ出して追い越して行きました。

 

たまたま対向車が来なかったから良かったんですが、もしも対向車が来たら100%正面衝突になっていました。

 

それは遮断機が降りてる場所ですぐそこまで特急列車が来ているのに車を走らせるのと同じくらいに危険極まりない行為です。

 

最低限守るべき交通ルールは絶対に厳守してほしいですね!

 

こちらも巻き添えをくらいます。

 

少し視点を変えてみます。 

 

自分があおり運転になるようの事を意識しないうちにやってる事ってありませんか?

 

私はそんな事は絶対しないよ!

 

常に安全運転をしている皆さんはきっとそう思っているに違いありません。

 

しかし、田舎道や山間部を走行していると時々制限速度以下で完全にマイペースで走る車が居ます。

 

少しの時間なら、仕方ないから追い越し禁止区域だし、後続車も来ているけどここは我慢で時期を待つことにします。

 

少し距離を置いて、こちらもダラダラと追従して行きます。

 

すると、シビレをきらした後続車がクラクションを鳴らすようになるります。

 

次第に車間距離が詰まって前を走る車の直ぐ後ろに付くことになってしまいます。

 

こうなると、自分はあおっている訳ではないのに、前を走る車にとっては、脅威になります。

 

自分が先頭を走っている時なら後続車が近付いて来たら、左に寄せて道を譲ってしまうが、前に遅い車がいる時は状況が違います。

 

最終的には、少し広い所に出たところで左に寄せて車を止め、先頭の車がみえなくなる位まで距離を空けます。

 

自分では意識して車間距離を詰めたりすることは絶対しないつもりでいるが、田舎の道ではこんなことは良くあります。

 

荷台に資材を沢山積み込んだ軽トラック等は、ゆっくり走らないと危険なので制限速度ギリギリで走るのは当たり前です。

 

自分も軽自動車なのであおられるのは嫌だし、嫌な事は自分もしたくないです。

 

早く行きたい車には道を開けて、ゆっくり走る車には焦らずタイミングを待つ。

 

意識しないうちにあおりをするようなことに成らないよう、ゆとり運転をしたいものですね

 

これからも安全運転に努めましょう。

 

 スポンサーリンク

 

関連記事

 

www.mominokihausu.com

 

www.mominokihausu.com