趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

プラスチックゴミの削減はレジ袋を貰わない事から始めよう!!

f:id:sikinomori117:20190623183235j:plain 

おはようございます。

 

ご訪問ありがとうございます。

 

今朝の新聞記事で驚いた事が書いてありました。

 

それは今世界的に問題になっているマイクロプラスチックの流出に関することです。

 

私達が毎日着用している衣類の中で化繊の物を洗濯すると、たった一回で数千本のマイクロプラスチックが排水として流れ出てしまうということです。

 

そして、日本の太平洋側では大量のプラスチックゴミが漂っており、大きな環境問題にもなっています。

 

このまま放置しておいたら、海洋生物に与える被害は測り知れません。

 

私たちに出来ることはどんなことが有るんでしょうか?

 

今日から直ぐにでも出来るプラスチックゴミを削減する方法は?

 

 ➀食品スーパーで貰うビニール袋

 

消費者である私達にとっては、食品等の商品を購入する時に貰う大小さまざまなビニール袋があります。

 

購入する時は便利なので、袋を当たり前のように利用して持ち帰ります。

 

しかし、持ち帰った後のビニール袋は皆さんどの様にしていますか?

 

畳んで次回の買い物に使う方、そのまま処分してしまう方、いろいろみえると思います。

 

食品スーパーに買い物に出掛ける時は買い物用のバック等を持参するのが一番ですが

 

再利用する等、出来るだけ処分しないような使い方をくふうする必要があると思います。

 

➁コンビニで貰うビニール袋

 

では、食品スーパーよりもっと身近にあるコンビニではどうでしょうか?

 

缶コーヒーを一本買うだけでも親切なコンビニの店員さんは小さいビニール袋に入れてくれます。

 

貰ったビニール袋は、殆どの場合ゴミとして捨てられてしまいます。

 

つまり、コンビニで少量の買い物をした場合は袋を貰わない意思表示をする。

 

『袋要らないからテープの標だけでいいよ』

 

店員さんに一言、声を掛けてあげるだけで、私たち消費者がゴミを低減することに成ります。

 

喉が渇いてコンビニで冷たい飲み物を買おうと車を止めた時にも、飲み物だけなら袋は要らないですよね。

 

長いストローも要らない時は『ストローは要らないよ』

 

と店員さんに伝えてあげましょう。

 

日本全国にある数万店のコンビニさんで一日にどれくらいのビニール袋がお客さんの手に渡っているのでしょう?

 

その殆どが処分されてゴミとなってしまうのは、本当にもったいないです。

 

消費者が貰う袋を半分に減らす事が出来ただけでも、一日に数万枚のビニール袋を削減出来るし、消費者に渡る段階で削減出来ていれば、袋自体も有効活用出来ると思います。

 

食品スーパー・コンビニで貰うレジ袋の削減こそが私達に出来る最も簡単で効果的な

プラスチックゴミ削減につながる方法ではないでしょうか。

 

 

午後の買い物には、袋を持参して出掛けましょう

 

缶コーヒーだけなら袋は要らないよの声掛けを!

 

誰でも今日から直ぐに始める事の出来るプラスチックゴミの削減に出来る事から始めて行きたいですね。

 

レジ袋は要りません❗の一言です。

 

頑張りましょう!

 

関連記事もどうぞ覧下さい

 

www.mominokihausu.com

 

 

www.mominokihausu.com

 

 

www.mominokihausu.com