趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

肩こりの原因は肘を浮かせたパソコン作業だった!

f:id:sikinomori117:20190624121759j:plain 

こんにちは

 

ご訪問ありがとうございます。

 

最近パソコンの前に座ってる時間が長いせいか、急に肩がこり、腕が上がらなくなってきました。

 

それと、右側手首の付け根付近にはタコのようなものまで出来てる有り様。

 

これはいったい何だろう?

 

今回の記事はパソコン作業での肩こりと手首のタコ発生原因・超簡単に出来る対策についての報告をさせて頂きます。

 

目次

 

現状の把握

 

私の狭いパソコン机は幅が60cmしか無くてノートパソコンを置くと両サイドの幅が10㎝位しか有りません。

 

マウスパッドをきちんと置くスペースが無いの何時も不自然な態勢で作業をしています。

 

作業用に使っている椅子も普通の食事をする時の物で肘を支える部分が有りません。

 

問題点

 

 机の幅が狭くて腕や肘を支える箇所も無いために肩に負担がかかっていた。

 

手首の付け根にタコのような物が出来ているのは、手首の部分で腕の重さを支えていたことが原因と思われます。

 

対策内容

  

とり合えず、右肘を置けるようにPCのデスクに板を取り付けて応急処置を行ってみました。

 

20㎜程、肘を置く高さが変わったのでその分ノートPCの方もかさ上げしてバランスを調整しました。

 

ニトリでPCデスクを購入しようと思っていましたが、在り合わせの材料で肩凝りの原因になっていた肘置きが完成。

 

それも製作時間は、10分!

 

板を持って来て、ドリルドライバーで締め付けて完成!

 

 効果の確認

 

右腕が凄く楽でマウスを操作する時に手首の付け根に力が入らなくなった。

 

これはいい! 

 

肩にも力が入らなくなったからパソコン作業が凄く楽に出来るようになりました。

 

赤ちゃんが使う移動式ご飯テーブルのような発想ですね。

 

とにかく在り合わせの材料で問題になっている肘置きの場所が出来た事が良かった。

 

見た目はともかく機能的には十分です。

 

応急対策のつもりでしたが、取り付けた板が凄く快適に使えるので恒久対策としてもいいと思います。

 

 f:id:sikinomori117:20190624055014j:plain

 

記事の内容でも肩こり

 

これでPCデスクの改善は出来ましたが、 何時も神経を使って書いているブログにも問題が有るのかも知れません。

 

狭いワークデスクに何時間も座って書いているブログ内容と言えば、問題解決手法のかたい記事ばかりで、これでは肩がこっても仕方がありません。

 

書いている本人が肩こりするくらいですから、読者になっている方はもっと疲れてしまうのではないかと心配になります。

 

少しくらい肩の力を抜いて、記事を書いてみたらどうなの?

 

家族からはそんなアドバイスもあるくらいです。

 

しかし、こればかりは能力の問題で簡単には解決出来ないかも知れません。

 

肩がこらづ、すらすら読めて読者様のためになる記事を書くって本当に難しいです。