趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

2020年の澄んだ青空に文字を書くとしたら?

f:id:sikinomori117:20190727024618j:plain 

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

今朝のニュースでパラリンピックの選手が走り幅跳びをやっている姿を見ました。

 

『ハンディをものともせずに、ジャンプする姿を見てホントに感動しました。笑顔でインタビューに答える姿も爽やかで素晴らしかったです』

 

以下は以前のお題で書いた内容のままです。

 

この澄んだ青空に文字を書くとしたらどんな色を選びますか?

 

青を使ってい文字を書いたら、ヨーロッパ大陸の人に見てもらえますか?

 

黄色を使って文字を書いたら南北アメリカ大陸の人に読んで貰えますか?

 

黒で文字を書いたらアフリカ大陸の人にわかって貰えますか?

 

緑を使って文字を書いたらアジア大陸の人から変事が届きますか?

 

そして赤で文字を書いたらオセアニアの人も笑顔になってくれますか?

 

第18回オリンピック東京大会実況

 

東から西から、南から北から、世界の若人が世界のスポーツマンが今、東京に集まってまいりました。

 

アジアで初めて開かれる世紀の祭典、第18回オリンピック東京大会。

 

この日を迎えるその道は、真に長く本当に険しくさえありました。

 

オリンピック序曲の宗長な調にのり参加国旗が上がります。

 

掲揚されます。

 

スルスルと風をはらんで上がる参加94ヶ国の国旗。

 

青が、黄色が、黒が、緑が、赤が今、東京の秋空にひるがえりました。

 

電工掲示板にはオリンピックの精神を集約的に表現したクーベルタン男爵の名文句。

 

オリンピックで重要なことは、勝つことではなく、参加することです。

 

人生で、最も大切なことは、勝利者ではなくその人がいかに努力したかどうかです。

 

クーベルタン男爵の名文句は今でも感動します。

 

いかに努力したかどうかです!

 

東京オリンピックを来年に控え、この青空に文字を書いてみるなら、五輪の色を使って、ウェルカムと書いてみます。

 

スポンサーリンク