趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

野生動物との遭遇に注意!道路の真ん中に大きな猪が転がっていた!

 f:id:sikinomori117:20190822161633j:plain

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

今朝は、早朝に車検を終えた愛車で里山に出掛けました。

 

何時も通っている道路ですが、ビックリすることがありました。

 

民家が点在する地域を走行中に道路の中欧に大きな猪が転がっているのを目の当たりにしました。

 

恐らく、夜間又は早朝に猪が道路に飛び出したことにより走行中の車に衝突したと思われます。

 

大きさは1mくらいはあったと思います。

 

 

体重もありそうなので、衝突した車もかなりの被害が有ったのではないかと推察されます。

 

スポンサーリンク

 

小さなイタチや狸等が車と衝突したものは年間を通じて何度か見掛けますが、大きな猪を見たのは初めてでした。

 

その地域では早朝に散歩する人も見えるので、大きな猪に出くわしたら本当に危険です。

 

一年位前にも、うり坊を5頭くらい連れた群れを見掛けたところと同じ地域なので、近くの山林に生息していた猪と思われます。

 

スポンサーリンク

 

猪って側でみると本当に怖いです、あの牙で襲われたらと思うとゾッとします。

 f:id:sikinomori117:20190822161656j:plain

つい先日も何時もの居酒屋で飲んでいたら、常連さんがみえて猪や鹿・猿の群れが出没するという話を聞いたばかりでした。

 

それにしても、近年里山に野生動物が異常に繁殖していることは間違いないと思います。

 

山間部の狭い道路の脇には、猪除け用の柵が多数設置されており、農作物への被害が深刻な問題を引き起こしていることを意味しています。

 

今までみたいに安易に山間部を散歩したり、キャンプしたりするのも心配になりますね。

 

テレビニュース等でも、街中を歩いている人に路地から飛び出した猪がぶつかる映像を見たことがあります。

 

なんの準備もしていない完全無防備な状態で突然突き倒されるのと同じ衝撃を足元に受けたら大けがをしてしまいます。

 

そんな怖い猪に出会ってしまったらどうすればいいのか?

 

少しだけ調べてみました。

 

猪は臆病なので自分から襲ってくることはめったにないとされています。

 

出くわした場合は背中を見せると襲ってくる事があるので、ゆっくりと後ずさりします。

 

たてがみを逆立てて、シュー、カッカッカッ、クチャクチャという音を立てている時は威嚇している時なので注意が必要です。

 

棒を振り上げたり石を投げたりすると興奮して襲ってくる事があるので止めましょう。

 

うり坊を見掛けても近付いてはいけません。

 

必ず近くに親の猪が居ます。

 

また、うり坊が可愛いからと餌等を与えるのは絶対止めましょう。

 

どうしても接近が避けられない場合は、猪が見えないところに逃げる、木に登る等が有効とされていますが、緊急の場合は難しそうです。

 

私の場合は里山に入って作業をする時は、始めに木を打ち鳴らしてここには近付かないでと野生動物に知らせるようにしています。

 

カーンカーンカーンとかなりやかましい音がしますが、もしも近くに野生動物がいたら間違いなく聞こえると思います。

 

スポンサーリンク

 

また、充電式のラジオをつけているので、大音量で音楽を流しておくのも効果があると思います。

 

木を打ち鳴らす事が効いているのかは?ですが、この30年間里山で作業中に猪や狸に直接出会った事はありません。

 

音を発すれば、野生動物が警戒すると思います。

 

熊避けの笛なども、人間の存在を知らせると言う意味合いでは同じですね。

 

夏から秋にかけては野生動物が活発に動き回る時期ですので、自分に出来る防御策を検討して野生動物との遭遇を防ぎたいものです。

 

農作物の被害は元より、人間にも危害が及ぶ事だけは避けたいです。 

 

山間部や里山近郊にお住まいの方は野生動物との遭遇には十分お気をつけ下さい。

 

スポンサーリンクー

 

 関連記事

www.mominokihausu.com

 

 

www.mominokihausu.com