趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

自分で決めた道を歩き続けてくれたら!☺

 

f:id:sikinomori117:20191030025405j:plain

 

 こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

秋晴れの爽やかな毎日が続いています


今日は12月並みの寒さになるとのこと、外に出てみると確かに寒い。


車に乗り込んでも窓を開けたくならないくらい気温が下がってます。

 

さて、この記事は何時も通う公園での出来事から自分を振り返り、これからの歩き方を考えていたことを思い出して書いた内容です。

 

そして数十年に渡って調子を崩していた家族が自分の意思で前向きに活動し始めたことが嬉しくて記事に残しておこうと思いました。

 

目次

 

 

 何時もの公園で

 

今朝、何時も出掛ける公園で遠くから並んでゆっくりと散歩をしているご夫婦と思われるをお二人を見掛けました。

 

私は散歩を終えて車内で休憩していました。

  

 コーヒーを飲みながら、終始穏やかな表情で目の前を歩いて行く二人の姿を追い掛けていました。

 

見知らぬ人達なのに、何故か羨ましくて『あの人達いいなぁ』と素直に思ってしまいました。

 

かなりのご年配ではあると思うんですが、互いに顔を見合わせながらゆっくり・ゆっくりと歩いている姿は、お二人の人生を物語っている様に見えました。

 

喜怒哀楽を共にして来た路には幾多の試練もあった事でしょう。

 

きっと互いに支え合って励ましあってこれまでの長い人生を歩んで来られたに違いありません。

 

f:id:sikinomori117:20190411035718j:plain

 

僅かに紅葉が進む公園の中、優しさと思いやりと言う言葉が似合う、そんなお二人の姿が凄く印象的でした。

 

f:id:sikinomori117:20191030025920j:plain

  

思い過ごし?

 

一方で、全く違った別の方達もお見掛けしました。

  

その方達は、距離を開けて歩いているように見えました。

  

5メートル位は離れていたよう思います。

 

歩幅も違うし、其々の思いで散歩を楽しんでおられるようでした。

 

しかし、思い過ごしだと思いますが、離れて後ろから歩いている方を見ていると何となく寂しさを感じました。

  

少し前に歩いていた別の二人を見ていたので、あれっ!と思ったのかも知れません。

 

 

昔の自分の姿

 

その対称的な二人の姿を目にすると、自分もあんな風だったな…どうして並んで歩いてあげなかっんだろうと、いつの間にか昔の事を振り返っていました。

  

子供達が小さい時は、毎週ドライブに出かけて家族サービスはしていたように思います。

 

f:id:sikinomori117:20190411051359j:plain

 

しかし、何時も仕事の事ばかりで悩んで、連れ合いの話を聞いてあげることもしていなかった様に思います。

 

髪型を変えたりしても気が付かず、会社から帰ると何時もカリカリしていました。

 

仕事をして稼いでいればいい、そんな風にしか考えていませんでした。

  

買い物に出掛けた時でも自分だけさっさと歩いて、後ろを振り向くこともしませんでした。

 

何かの拍子に転びそうになった時でも、並んで歩いていれば直ぐに支えてあげられたはずです。

 

思い遣りや優しさが足りない歩き方をして来た私!

  

遠い昔に先立ってしまった連れ合いに、心の中で謝りました。

 

これから出来ること

 f:id:sikinomori117:20190411045546j:plain

 

ゆっくり歩く事しか出来ない家族のために、今何がしてあげられるんだろう?

  

しっかりと歩調を合わせて少しづつでも回復してくれたらと、今はどんな些細な事でも手助けしてあげるつもりでいます。

 

ゆっくりでも、何時も表情を看ながら並んで歩けば笑顔になってくれます。

  

ゆっくり歩けば、足元の草花も良く見えるみたいです。

 

小さな花を見つけては、『これはキツネの孫だよ!』

 

f:id:sikinomori117:20190411045054j:plain

 

『これはおおいぬのふぐりだよ!』

 

そう言って詳しく説明してくれます。

 

よく知ってるねと褒めてあげると、凄く嬉しそうな顔をしてくれます。

 

何時も変化に気付いて、声を掛けたり手を繋いであげたりすることが本当に大切なんですね。

 

慌てなくてもいいよ『ゆっくりでもいいからね』

 

立ち止まって足元を見ながら少しづつ前に進めたらと思います。

 

自分で決めた初めの一歩

 

そんな家族に嬉しいことがありました。

 

どうすればいいのか?かなり悩んでいたみたいですが、自分から新しい世界へ勇気ある一歩を踏みだすことが出来ました。

 

新しい世界での出来事を凄く嬉しそうに話をしてくれます。

 

静かに見守りながら、『頑張れその調子』と思わず声をかけてあげました。

 

令和に年号が変わったこの記念すべき年に、何かをつかむ事が出来たらと心から思う毎日です。

 

今日も晴れそう!何時もの公園まで出かけよう思います。