趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

運転中にマスクを外したら眼鏡まで一緒に外れてヒヤリした体験について!

f:id:sikinomori117:20200330095223p:plain

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

最近のウイルス問題で日常的にマスクを着用されている方が沢山みえます。スーパーやコンビニでの買い物、歩行中でも当たり前のように皆さんがマスクを着けています。私も出来る限り着用を心掛けています。

 

今回の記事は車の運転中に眼鏡が曇ってきたのでマスクを外してら眼鏡まで一緒に外れてしまいヒヤリとした体験内容です。

 

何故マスクを外した時に眼鏡まで外れたのか?発生原因と、再発防止内容についてまとめてみました。

 

どのような事があったのか?詳しく見て行きます。

 

目次

 

 

 

ヒヤリ体験の内容

f:id:sikinomori117:20200330095244p:plain

 

先日買い物に出掛ける時に何時ものようにマスクを着用して自宅を出ました。

 

車に乗る時もそのまま運転していましたが、天候のせいか突然眼鏡が曇りだして前が全く見えなくなってしまいました。

 

たまたま交差点で信号待ちの時だったので、咄嗟にマスクを外して曇りを取ろうと思ったところ眼鏡まで外れ、慌てて眼鏡を拾い曇りを拭き取り事なきを得ました。

 

停車中だったので助かりましたが、運転中だったらと思とゾッとします。

 

ヒヤリ体験での問題点

 

そもそも眼鏡が曇るのは、マスクをしている場合と言うよりも、急激な温度変化によって眼鏡の表面に結露が出来てしまうことによって発生するわけですが、マスクをしている時はどうしても体内の暖かい空気がマスクの隙間から漏れて眼鏡に当たれば当然のごとく曇ってしまいます。

 

よく眼鏡の曇りを拭く時に、息を吹きかけて(ハーッ)からする方を見掛けますが、同じことをしている訳ですね。

 

ここで一番の問題は眼鏡が曇ることではなく、曇りの原因であるマスクを咄嗟に外したことで眼鏡まで外れてしまったことです。

 

マスクが取れても運転には支障が有りませんが、眼鏡が取れてしまうと大問題です。

 

スポンサーリンク

 

眼鏡が一緒に外れてしまった原因

 

眼鏡の上からマスクを掛けると耳の部分がどの様になっているのか判らないし、マスクの素材によっても眼鏡のフレームにからまる物が有れば、滑り易い素材もあると思います。

 

マスクだけを取ろうとした時にフレームに巻き付いたマスクの紐と一緒に外れてしまうこともあります。

 

つまり眼鏡のフレームとマスクの紐がどのような状況になっているかを確認せずに咄嗟にマスクを外す行為が一緒に外れてしまう原因なワケです!

 

再発防止策は?

 

①運転中のため必要な時以外はマスクを外しておく(顎に掛ける等)

 

②眼鏡を曇らせないマスクの着用方法

 

※マスクを着用する場合は、鼻の形に合わせてマスクを曲げて暖かい空気が上に抜けないように工夫をすることで、ある程度は曇りを防止出来ます。

 

③マスクを外す時はイキナリ取るのではなく顎の方に下げておく。 

 

※マスクを着用して運転中に眼鏡が曇ってしまった場合は、いきなりマスクを取るのは危険なので、顎の方に下げておき換気するなどして曇りを取ります。

 

まとめ

 

マスクを着用する機会が以前と比べて圧倒的に増えて行く情勢がこれからも続く中で、移動手段には車が必要でマスクを着用しながらの運転機会も増えてくる可能性が高いです。

 

マスクをしながらの運転中では当たり前に発生する眼鏡の曇りで、思わぬ事故に遭わないためにも、着用時には鼻の形に合わせます。また、咄嗟にマスクを外す行為にはお気を付け下さい。

 

以上、マスクを外したことで眼鏡まで外れたヒヤリ体験についてでした。

 

関連記事  

www.mominokihausu.com

 

www.mominokihausu.com

  

www.mominokihausu.com

  

www.mominokihausu.com

  

スポンサーリンク