趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

肩の力を抜いて滞っていることから始めましょう!

f:id:sikinomori117:20200416172251j:plain

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

昨年まではこの時期になれば、私のベランダでは野菜のプランターや水耕栽培容器で足の踏み場もないくらいになるんですが、今年は栽培装置の準備がまだ整っていません。

 

 

全国的な自粛ムードの影響もありますが、この春は何年も使い続けている栽培容器の手入れを怠っていました。

 

特別理由が有るわけでもないのに何となく手に着かない状況が暫く続いていました。

 

『もう4月中旬だぞ、なにやってるんだしっかりせんかい!』

 

そんなことで、今日は滞っている事から始める事にしました。

 

大塚ハウス濃縮液作成

 

①毎年春に作っている水耕栽培用の大塚ハウス濃縮液の作成がまだ出来ていなかったので、保存してある粉末肥料の1号・2号を取り出して、お湯を沸かして早速作ることにしました。

 

1年振りに濃縮液を作るので1号・2号のどちらが300gだったかな?と自分で書いた記事を振り返り作業(^_^)この記事書いておいて良かった~(^_^)

 

大塚ハウス肥料の作り方 

www.mominokihausu.com

 

溶液循環タイプの水耕栽培容器分解掃除

 

私が自作した水耕栽培容器の1号機がこのタイプです。かなり経年劣化していますがまだまだ現役です。

 

上下2段になっていて、上は根張りの部分で下は溶液タンクになります。

 

水中ポンプで溶液を送り上下に循環させる仕組みになっています。これはハイポニカさんの応用です。

 

f:id:sikinomori117:20200416142812j:plain

 

下の段には小型の水中ポンプがあり塩ビパイプで繋いで上部へ送液しています。

 

※ポンプ内のインペラーや塩ビパイプの内部も掃除しておきます。

 

※タンクの内面にも汚れが付きやすいのでタオルで綺麗に拭き取っておきます。

 

溶液タンク約18リットル

f:id:sikinomori117:20200416152257j:plain

 

上部タンクは送液されたものをためて根張りをする部分ですが、ドレンパイプ内部に汚れが付きやすいのでブラシでこすって綺麗に掃除します。

 

黒いパイプの高さを調整することで根張りする部分の水位を変えることが出来ます。

 

 上部タンク(根張り部分)

f:id:sikinomori117:20200416143947j:plain

 

かなりくたびれた容器ですがもう暫く頑張ってもらうつもりです。

 

さあ掃除も終わって明日はスイカの苗を植え付ける予定です。

 

コロナ大変だけど、肩の力を抜いて滞っていることから始めましょう。

 

関連記事 

 プランター・培養土・肥料・酸度計など何でも見付かります。

www.mominokihausu.com

 

土を落とさずに植え付け出来ます

www.mominokihausu.com

 

スポンサリンク