趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

家事分担出来ていますか?感謝の気持ちは言葉よりも行動と形で!

f:id:sikinomori117:20200505132149p:plain

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

突然ですが、家族と暮らしている方は家事分担をどのようにされていますか?

 

家事には一切手を出さないし手伝わないと言う方は、今の若い世代には居ないと思いますが、私のようなシニア世代の人間にはそれが当たり前だったような気がします。

 

毎日残業して帰るとクタクタで、夕ご飯を食べたら直ぐに眠ってしまい、翌朝も早くから仕事に出掛ける。

 

今だから言える事なんですが、そんな毎日でも、休日や時間が出来た時くらい、掃除機を掛けたり、洗い物をするくらいのことは簡単に出来るはずなんです。

 

今回の記事では、普段から家事分担を決めておくと事のメリットについて考えてみたいと思います。

 

家事分担が決まっていないと

 

日常的にやっている家事と言えば、料理・洗濯・掃除・食品の買い物・等が代表的な仕事だと思いますが、分担が決まっていないと、例えば家族で出掛ける用事がある時等は、出発時刻が大幅に遅れます。

 

何故なら、家事をやってくれる人が居てくれると任せてしまって甘えてしまうからです。

 

新聞やテレビを観ている時間があっても洗い物をしたりしません。当たり前のようにやってくれていると思い込んでいるからです。

 

スポンサーリンク

 

家事分担を決めておくと

 

例えば、食事の準備をする場合に於いても下ごしらえの時にジャガイモの皮むきや、そのときに出る食器洗い等を手伝ってあげると、調理完了時間が大幅に短縮されます。

 

料理をすると食器を使うのは当たり前だし、当然汚れ物も出ます。

 

その都度、サッサと洗っておけば、短時間で済むし、シンクが常に綺麗です。

 

出掛ける時間も早くなるし、家族で楽しめる時間にもゆとりが持てると思います。

 

最近は料理を作って貰う以上は、洗うのは当たり前と思っているので、何にも苦にならないし綺麗になった食器には、また新しい料理が並びます。

 

何時も料理をしてくてれありがとうという気持ちで食器を洗うと、黙っていても判ってもらえるものですね(^_^)

 

言葉よりも行動と形で!

 

そんなありがとうの気持ちを伝えるにの相応しいのがちょうどこの時期だと思います。

 

『何時もありがとう』口に出して言うのは簡単ですが、こういう機会には、実際に手伝う事を実践し、併せて贈り物も大切だと思います。

 

スポンサーリンク