趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

朝日を浴びたケヤキの葉が眩しくて新緑の美しさに感動!

f:id:sikinomori117:20200511113808j:plain

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

毎日何気なく通る街路樹の緑があまりにも綺麗だったので、簡単に記事にしてみました。

 

街路樹は地域によって様々な樹木が植えられていますが、私が何時も通う所にはケヤキが植えられています。

 

樹齢は数十年になると思われる大木が10メートル間隔位で並んでいます。

 

左右の歩道脇から大きく伸びたケヤキの葉が上空でトンネルの様に覆い被さり、散歩をする人々を直射日光から守ってくれています。

 

 

 

f:id:sikinomori117:20200511114215j:plain

 

この時期に開いたばかりのケヤキ葉は一年を通じて一番美しく、お日様に反射した緑が本当に眩しく感じます。

 

5月に新緑を広げ、夏場の暑さから人々を守り、秋になると紅葉して道路脇には沢山の落ち葉が集まります。

 

地域の方が、大きな袋に落ち葉を沢山集めているのを時々見掛けます。

 

集めた落ち葉を発酵させると一年もすればフカフカな天然の腐葉土が出来上がります。

 

プランターの土にケヤキで作った腐葉土を混ぜて野菜を作ったら美味しい実が収穫出来るのかも知れません。

 

ケヤキは根張りも凄くて歩道の舗装さえも持ち上げてしまう位にしっかりとした根を張るので斜面などの不安定な地盤に植え付けると安心感さえ感じます。

 

そんなケヤキの横を歩く時には、堅い表皮を軽く手で触りながら『ケヤキさんおはよう』と声を掛けるようしています。

 

風に揺れたケヤキの葉が『お早う何時も早いね~』と応えてくれます(^_^)

 

爽やかな5月の風に揺れるケヤキ葉は空気も綺麗にする働きもします。

 

そして綺麗になった空気の元でマスクを外して自由に歩道を歩ける日が早く来て欲しいものです。