趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

水換え後の嬉しそうなパルマスポーリーです!

f:id:sikinomori117:20201011121659j:plain

 

秋晴れの日曜日ですね。

 

今日は我が家のペットであるポリプテルスパルマスポーリーちゃんの水槽掃除と水換えを行います。

 

 

アイキャッチの画像を見て、何だこいつは?と思った方も多いと思いますが、熱帯魚ファンならひと目見れば判ると思います。

 

今回はポリプテルスを初めて見る方のために簡単な特徴についてもお伝えして行こうと思います。

 

ポリプテルスの特徴

 

ポリプテルスは魚類と両生類の中間的な存在で、古代魚の仲間です。

 

ポリプテルスは発達した肺を持っているので肺呼吸が出来るんです。

 

水面に浮き上がって空気を吸い込み、餌を食べている途中で大きな泡を出すことがあります。

 

大人しい性格なので他の魚との混泳も出来ますが、基本的に肉食なので、小さな魚は食べられてしまいます。

 

飼育用の餌はひかりクレストキャットを主に与えています。

 

スポンサーリンク

 

肺呼吸出来るので、水が少なくなって他の魚が生きていられなくなるような環境下でも生き延びることが出来ます。

 

丸い鰭を前足のように使って顔を持ち上げ、餌をねだります。

 

長年飼育していると慣れて来て餌の袋を水槽の前に出すだけで近くに寄って来ます。

 

同じ水槽内にはデルヘッジも混泳していますが、2匹はとても仲良しです。

 

何時も仲良しデルちゃんと2ショット写真

f:id:sikinomori117:20201011125713j:plain

  

水換え作業作業

 

さて、パルマスポーリーちゃんの紹介はこれくらいにしておいて水換え作業を行います。

 

スポンサーリンク

 

①排水用のポンプにホースを繋いで室外の排水溝まで這わせて、ポンプのスイッチON。

 

排水ポンプにはカミハタ製の小型水中ポンプを使っています。

 

結構吐出量もあるので、90㎝水槽でも短時間で排水が出来ます。

 

f:id:sikinomori117:20201011131143j:plain

 

※90㎝水槽の2/3を排水(約15分で完了)

 

スポンサーリンク

 

②水槽内面を軽く掃除して水中ポンプ廻りの取り回しを修正

 

※パルマスポーリーちゃんが暴れるとパワーがあるのでヒーターやサーモスタットのセンサーがズレてしまうので元戻しです。

 

②掃除が終わったら散水用の巻き取りホースで給水(温度設定は28℃)

※約10分で給水完了

 

以上で水槽の掃除と水換え作業は完了です。

 

水換えが終わった記念撮影ではパルマスポーリーちゃんが嬉しそうに見えました。

 

気持ちが良かったのかな?と思っています。

 

スポンサーリンク