趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

アクセルとブレーキの踏み間違い発生原因を探る!何故慌ててペダル操作をするのか?

f:id:sikinomori117:20210212182920j:plain

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

数年前からアクセルとブレーキペダルの踏み間違いやシフトレバーの操作ミス等による事故が多発して大きな社会問題になっています。

 

何故踏み間違いをしてしまったのか?その人的な原因に関しては依然として不明な事が多いままになっています。

 

各自動車メーカーはドライバーが間違って両方のペダルを踏んでしまった場合でもブレーキが優先されるブレーキオーバーライドシステムを標準装備するようになってきました。

 

しかし、肝心のドライバー側には踏み間違いを防止する具体的な対策は取られていないように思えます。

 

そこで今回はアクセルとブレーキの踏み間違い発生原因を探る!何故慌ててペダル操作をするのか?について長年車を運転して来た経験や体験から考えてみたいと思います。

 

目次

 

 

アクセルとブレーキは完全に別制御

 

始めに、車を運転しているドライバーなら誰でも当たり前に知っているアクセルとブレーキについてです。

 

50年前の車も、最新鋭の車も、メーカーの標準仕様のままで運転していれば、アクセルペダルを踏めば車は発進または加速するし、ブレーキペダルを踏めば減速停止します。

 

昔の車は、アクセルペダルとキャブレターのスロットルレバーまで機械的なワイヤーで繋がっていて、ボンネットを開けてスロットルレバーを手動で操作させて空フカシも出来ました。

 

一方でブレーキは完全に別の系統でブレーキペダルを介して油圧でブレーキパッドが作動し、キャリパーを挟み込み車体を減速停止させます。

 

この様にアクセルとブレーキは完全に別制御されているため、ブレーキ操作をする事でスロットルレバーを動かしたり、その逆でアクセルペダルを踏んで車を減速させることは出来ません。

 

これは最新鋭の電子制御を駆使した車でもアクセルとブレーキは完全に別制御という事に変わりないと思っています。

 

何が言いたいかと言うと、市販されている車をメーカー標準仕様のまま運転している限り、ドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違いさえしなければ、ブレーキペダルを踏んで勝手に車が加速したり、その逆でアクセルを踏んでブレーキが掛かる等と言うことはあり得ないと思っています。

 

スポンサーリンク

 

慌てて操作するから間違える

 

そもそも、アクセルとブレーキペダルを踏み間違うのは、余程慌てて運転していたか、居眠りや脇見運転をしていない限り起こり得ないと思います。

 

何故なら、適切な車間距離を保って運転していれば、前を走る車がブレーキを踏んだ場合や交差点手前で信号が切り替わっても、自然にブレーキを踏めば何も慌ててペダルを踏む事は無いはずです。

 

また、コンビニ等の駐車場に車を停める場合も、ブレーキペダルに足を乗せて徐行運転して行けば、縁石を乗り越えるような事は発生しません。

 

更には、駐車場から車を発進させる場合も、シフトレバーがドライブモードか?リバースになっているか?しっかり確認していれば間違いを防ぐ事が出来るはずです。

 

ながら運転や脇見が原因では?

 

慌ててペダル操作をしなければ、踏み間違いは発生しないと思うんですが、常日頃から車間距離を詰めて走行していたり、ながら運転や脇見をしていると、直前で車を認識して慌てる事になります。

 

周囲の状況を冷静に判断出来ないままで運転していたとすれば、踏み間違いが起きても不思議ではありません。

 

スマホを見ていて青信号に気付かず後続車にクラクションを鳴らされる車をよく見掛けます。

 

慌てて車を急発進させるので見ていてよく判ります。

 

カカトを着けてペダル操作していない

 

もうひとつ踏み間違いが発生しそうな原因として、普通の市販車でAT(CVT含む)車を運転する時って、右足のみでペダル操作する方や、右足はアクセルで左足はブレーキペダルを踏む方もみえると思います。

 

私の場合は昔からマニュアル車も乗っていた事も有って、アクセルとブレーキは右足のみで操作しています。

 

アクセルとブレーキペダルの操作はカカトを床面に着けた状態でつま先を移動させて操作しています。

 

スポンサーリンク

 

操作ミスが発生しにくい理由

 

ペダルを床面に着けた状態の場合は、カカトが支点になっているために、操作時に足を浮かせる必要がありません。

 

そのために、緊急時にもつま先だけの移動となり、反射的に操作する事が出来ます。

 

足を浮かせてペダル操作をするとその分操作時間が長くなり、慌てている場合にはアクセルとブレーキを同時に踏む可能性も出て来ます。

 

逆にカカトを床に着けている状態からアクセルとブレーキを同時に踏むことはかなり難しいのではと思います。 

 

スポンサーリンク

 

 まとめ

 

アクセルとブレーキペダルを踏み間違えるのは、発進と停止を間違う訳なので、大きな事故に繋がる危険性が非常に高く、絶対に起こしてはならないミスだと思っています。

 

常日頃から適正な車間距離を保ち運転に集中することで慌ててペダルを操作することも無いと思います。

 

また、右足のみでペダルを操作して運転する場合には、床面にカカトを着けておいた方が操作も素早くミスが発生し難いと思います。

 

尚、あくまでも私の長年の運転経験からの見解です。

 

関連記事 

www.mominokihausu.com