趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

熱帯夜の寝苦しさを解消!やわらかいアイスまくらを使ってみた感想と注意点!

f:id:sikinomori117:20210807061803p:plain

 

こんにちは 毎日暑いですね~

 

今回の記事は、寝苦しい熱帯夜を少しでも快適に過すためやわらかいにアイスまくらを使ってみた感想と注意点について簡単にお伝えして行きます。

 

目次

 

 

 

 

アイスまくら購入のきっかけ

 

連日最高気温が36℃と体温に近いくらいの猛暑日で寝苦しい熱帯夜が続いているせいでぐっすり眠れず、夜中に何度も目を覚まします。

 

頭や首周りを冷やそうと長年使っていたアイスノンを冷凍庫から取り出してみたら何と袋の一部が破れて使用不能になっていました。

 

そんなことで、先日やわらかいアイスまくらを購入して来ました。

 

f:id:sikinomori117:20210807061321j:plain

f:id:sikinomori117:20210807064946j:plain

 

使ってみた感想と注意点

 

今まで使っていたアイスノンはおでこに乗せるタイプの小さい物だったんですが、購入したやわらかアイスまくらは大きくて柔らかいので使用感がとても良いです。

 

頭や腕等、冷やしたいところにピッタリとフィットしてくれます。

 

とは言っても冷凍庫で冷やして使う物なので薄いタオル1枚では冷え過ぎて頭が痛くなります。

 

厚手のタオルを二枚重ねて丁度良い感じになります。

 

f:id:sikinomori117:20210807065808j:plain

 

アイスまくらを使うと寝苦しい夜にも首元をしっかり冷やしてくれるのでとても気持ち良く眠れます。

 

昨夜は夜中に起きてアイスまくらを使ってウトウトしていたらいつの間にか夜が明けていました。

 

f:id:sikinomori117:20210807070150j:plain

 

ただチョット注意が必要なのは、タオル等を使わずに寝具の上に置いておくと表面に出来る結露で湿ってくる事もありますので、使う時は必ずタオルで巻いておけば安心です。

 

熱冷ましや保冷剤としても利用

 

又、やわらかいアイスまくらは風邪を引いた時の熱冷ましや、保冷剤としても利用出来るのでアイスBOX等に入れておけば車で出掛ける時にも重宝します。

 

やわらかいので果物などの食材の形が変形してしまうような事もありません。

 

まとめ

 

猛暑日が続く中で睡眠不足は熱中症のリスクも高くなるし注意力も散漫になりミスやケガにも繋がります。

 

睡眠をしっかり取り一日の仕事や勉強を頑張りましょう。

 

 ※私が購入したやわらかアイスまくらは店舗販売専用となっていましたので、ここではAmazonでも売れ筋になっている商品をお伝えさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク