趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

里山の秋に出現する奇妙な実やキノコは何者か?

f:id:sikinomori117:20211021154405j:plain

今朝の気温は8℃とようやく秋らしくなって来ました。

 

早朝から充電式草刈り機で、足元の草や大きく伸びた笹竹を数十本切り倒して見通しの悪い部分に光があたるようにスッキリさせました。

 

関連記事

www.mominokihausu.com

 

 

 

ところが、そこに現われたのが、真っ赤な色をした木の実らしきものと、切り株に群生したキノコでした。

 

f:id:sikinomori117:20211021153803j:plain

 

笹竹を切り倒した中から出て来た赤い木の実は何者か?

 

この赤い実は椿の近くで日が当たらない湿ったところに毎年同じ場所に姿を見せます。

 

f:id:sikinomori117:20211021153751j:plain

 

何となく気味が悪いので触らないようにしていますが、いったい何の実なのかGoogleのレンズ機能で調べてみても出て来るのはサツマイモ。

 

確かにサツマイモのように見えるかも知れないですが、写真で見るより実際はもっと赤くてグロテスク。

 

昨年、同じ場所に出て来た時は長いハサミで切り落として撤去したんですが、根が残っていたんですね。

 

今年はもう少し乾燥した時期になるのを待って根から掘り起こしてしまうつもり。

 

 

もうひとつ、楢の切り株に生えて来たキノコ。

 

これはナラタケモドキではないかと思われますが、正確には分りません。

 

以前はこの近くに大きな真っ黒のキノコが生えているのも見掛けました。

 

湿った低いところには本当に色々なものが出て来ます。

 

f:id:sikinomori117:20211021153739j:plain

 

里山の秋には変わったものが至る所に出現しますが、いずれも見た目が悪くて毒々しいものが多く、なるべく早く処分したいと思っています。

 

また、野山に生えて来るキノコ類は一見食用に見えるものが有るかも知れませんが素人は絶対食べない方が安全です。

 

特にキノコ類の中には手に触れるだけでも危険なものがあるみたいなので、充分注意が必要です。

 

さて、明日は綺麗に片づけるとするかな~