趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

ポリプテルスレインボー出現!

f:id:sikinomori117:20220217053602p:plain

 

熱帯魚ファンの皆さんこんにちは(^_^)

 

昨日の事ですが、ポリプテルスの仲間で身体やヒレが虹色に輝く世界で一匹だけの個体(ポリプテルスレインボー)が出現しましたので詳しくお伝え致します。

 

目次

 

出現した日時

 

2022年2月17日 午後10:30分頃と推定

 

現われた場所

 

現われた場所は、ポリプテルス飼育水槽の直ぐ横にある作業台に置かれた一枚の画用紙の上。

 

この魚は発見者によりポリプテルスレインボーと命名され現在90水槽で飼育中とされている。

 

個体の大きさと特徴

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sikinomori117/20220217/20220217054523.png

 

個体の大きさは約30cmで混泳させているパルマスポーリーと同程度だが、全体的に普通のポリプテルスと比較してかなり太い。

 

性別や特徴は?

 

尾びれが小さく雌と推定される。

 

顔は丸くて可愛らしく、膨らんだお腹には卵をもっている様に見える。

 

更に驚くべき事は、大きく太った身体の向きを変えるとメタリック色の体表が青や緑色にキラキラと輝く。

 

自然界には存在しない神秘的な魅力を感じさせる実に不思議な魚と言える。

 

飼育環境と餌

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sikinomori117/20220218/20220218054215.jpg

 

90㎝水槽内には既に7年前から飼育されているポリプテルスパルマスとデルヘッジが居るが、同じポリプテルスの仲間なので混泳させた時から直ぐに馴染み、仲良く暮らしている。

 

性格はいたって温厚で他の魚達を突っついたりすることもないのでポリプテルス以外の魚とも混泳できそうだ。

 

基本的に肉食魚ではあるが小さい魚が目の前に来ても食べてしまうことはないので、グッピーなどの小型の熱帯魚との混泳も可能と思われる。

 

好きな食べ物は、お刺身、鳥の胸肉、キヤット等何でもよく食べる。

 

餌は2日に一度あげる程度で、太り過ぎに注意をしている。

 

関連記事

www.mominokihausu.com

まとめ

今回お伝えしたポリプテルスレインボーは画用紙の上に描かれた魚を実際に飼育してみたら?と想像しながら書いてみました(^_^)

 

ペットショップで本当にこんなポリプテルスが居たら絶対飛びつきます。