趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

エンジン始動時に操作ミスにより警報音を鳴らしてしまった失敗談!

 f:id:sikinomori117:20190916135744j:plain

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

マイカーの盗難防止用警報音を意図しない時に鳴らしてしまった経験は有りませんか?

 

夜中に突然警報音が鳴り出したりすると大変な事になります。

 

私の車はダイハツのソニカですが、数年前の春先に山中でドアの開け閉めをくりかえして車内の掃除等をしているうちに、電子カードキーによるドアの開閉が出来なくなってしまったことがありました。

 

その時は、電子キーの電池が劣化していたのが原因でした。

 

古い車だしメーカーや車種によっても警報の出方が違うと思いますが、私の体験談が操作ミスの防止に少しでも役に立てばとの思いで記事にすることにしました。

 

自分の車がどんな時に警報が鳴るのかをしっかりと把握して警報解除の方法を取説で確認しておくことをお勧めします。

 

目次

 

 

やってしまった操作ミス!

 

電子キーの電池が切れてしまったのなら仕方がないから、ポケットに入っているエマージェンシーキーでドアの開け閉めをすればいいと安易に考えてしまいました。

 

何度かエマージェンシーキーでドアの開け閉めを行って掃除の作業を終えました。

 

問題が起きたのはこの直後からでした。

 

意図せぬ警報音

 

車の移動をさせようと、エマージェンシーキーをエンジンキーに差し込み、エンジンをかけた瞬間、凄まじい警報音が鳴り始めました。

 

その時は対処する方法を理解していなかったことも災いして、パニックになってしまいました。

 

エンジンを切ると警報音が鳴なりやみますが、再度エンジンをかけるとまた警報音が鳴りまじめます。

 

何とか警報音を止めようと試みましたが、うまくいかずエンジンを切って暫く考えました。

 

冷静になり取説を読むと

 

セキュリティアラームが鳴る状況 

 

電子カードキーで施錠した状態で電子カードキー以外でドアを開錠した場合はセキュリティーアラームが作動します。

 

セキュリティアラームの警報が作動した場合は、1次警報ブザーが作動している10秒間に、メインキー又はエマージェンシーキーでエンジを始動すると警報が停止します。

 

エンジン始動の方法

※ここがポイント

 

➀電子キーの裏側にあるダイハツのマークをエンジンキー付近にかざします。

 f:id:sikinomori117:20190916135127j:plain

 

場所は、エンジンキーを差し込む場所です。

 

この操作は、この車の電子キーである事を車に認識させるために行います。

 

この操作をせずにエンジン始動するとセキュリティーアラームが鳴ります

この現象は車種によっても違うかも知れませんが、何度も再現しました

 

➁エンジンスタートを右回転させてエンジンを始動します。(ソニカの場合)

 

警報が鳴り始めた原因は、エンジンキー付近に電子キーをかざさずにエンジンをかけたことによる異常検地だったのでした。

 

※電子キーで施錠したものをエマージェンシーキーで開錠すると警報が鳴るというふうに解釈していましたが、実際にはエンジンを掛ける時に電子キーをかざすことをしないでエンジンを掛けた場合にも警報が鳴っていました。

 

車種や電子キーの細部設定にもよると思いますが、警報音が鳴るパターンも色々とあると思います。

 

これは私の体験談なので、こんな場合にも警報が鳴るんだと参考程度に捉えて頂ければと思います。

 

 エマージェンシーキー使用後 

 

 エマージェンシーキー使用後は必ず電子カードキーに格納して下さい。

 

➀電子カードキーのノブをスライドさせます。

 

➁スライドさせたまま、電子カードキーにエマージェンシーキーを差し込みます。

 

自動で開錠する前にドアノブを引かない!

 

雨降り時等で急いでいる時、電子キーで施錠してある車に乗り込もうとして急に車に近付き、自動で解錠される前にドアノブを開こうとした時はドアは開きません。

 

助手席の人も自動で開錠していない車のドアノブを引こうとしてもドアは開きません。

 

そんな時は、一旦車から離れ、電子キーの開錠ボタンを押してドアを開きます。

 

慌ててエマージェンシーを使うと、住宅街であったら周囲に大変迷惑をかけてしまうおそれがあります。

 

電子キーの電池は早めに交換

 

電池が消耗していると、キーフリー操作・キーレス操作が作動し難くなるだけでなく、思わぬキー閉じこみを招くおそれがあります。

 

次の様な時は早めに電池交換をお勧めします。

 

・ボタンを押しても作動しない。

 

・著しく作動可能距離が短くなってきた。

 

・インジケーターが点滅しなくなった。

 

車種や使用方法等によって電池寿命は違って来ますが、私は車検毎に交換しています。

 

まとめ

 

➀電子キーの電池を切らさないようにすることが操作ミスを未然防止する一番の決め手になりますので早めに電池交換をしましょう。

 

➁電子キーで施錠した場合は必ず電子キーで開錠

 

別のものでキーが開くとトライバーなどでキーを開けたと車が認識して警報が鳴ります。

 

➂エマージェンシーキーでエンジン始動する場合は必ず電子キーをハンドル部分のエンジンキーにかざしてから行う。

 

関連記事

  

www.mominokihausu.com

 

 

愛車を大切にしましょう 

 スポンサーリンク