趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

マキタ掃除機使用レビュー!サイクロンアタッチメント抜け止め対策!

2020年2月8日更新

f:id:sikinomori117:20191212121400j:plain

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

マキタの充電式掃除機でサイクロンアタッチメントをお使いの方は掃除中にアタッチメントが外れてしまう事ってありませんか?

 

今回の記事は、昨年末にリリースしたマキタの充電式クリーナーとサイクロンアタッチメントを使ってみた感想を、良かった点、改善が必要な点等を中心にご紹介していこうと思います。

 

特にお伝えしたいのは、サイクロン部分が抜け落ちる原因と思われるテーパー部分の緩みに対して簡単に出来る抜け落ちないための対策について重点的にお伝えしたいと思います。

 

サイクロンアタッチメントの抜け落ちで困っている方がいらっしゃいましたら必見の対策内容だと思います。

 

それではまず、導入した背景と充電式クリーナーやサイクロンアタッチメントの仕様や特徴からお伝えして行きます。

 

目次

 

 

 

導入した背景

 
長年使用していたキャニスター式掃除機の吸引ホース部分が破れて、ホース内部を通っている電気配線が露出してしまい、部分交換も考えてみたんですが、重くて取り回しも良くないので思い切って交換することにしました。
 
新しくリリースするなら、以前から大人気のマキタ充電式クリーナー欲しいと思っていたので、家族とホームセンターで何種類かの充電式掃除機を手に取り使い勝手や重さなどをチェックしている中で、サイクロンアタッチメントが付いている機種が目に留まりました。
 
小形の充電式クリーナーは紙バック式だと直ぐに目詰まりしたりしやすいのは知っていましたので、このサイクロンアタッチメント付きに飛び付きました。
 
 f:id:sikinomori117:20191212122131j:plain
 
店内で試しに使ってみた感じでもかなり強力で、ゴミが吸い込まれる様子が目で見て判るところが気に入り即購入を決めました。
 

購入した充電式クリーナー

サイクロンアタッチメント

 
充電式クリーナー本体
10,8V CL108FDSHW
充電器・バッテリー付き
 

f:id:sikinomori117:20191212132311j:plain

 
サイクロンアタッチメント 
A-67169
 

主な機能

 

※ワンタッチスイッチ

※軽量・パワフル・コードレス

※リチウムイオンバッテリー使用

※連続運転時間

:パワフル 約10分

:強 約12分

:標準 約25分

:充電時間25分

特徴

・簡単ゴミ捨てが出来るカプセル式+快適連続運転が可能です。
 
・バッテリー切れお知らせ機能付き高照度LEDライト
 

・奥の奥まで届き、真っ直ぐ立てやすいT型ノズルなので置き場所を選びません。

・サイクロンアタッチメント対応でゴミの落ちこぼれを防止するゴミストッパー付き

標準付属品

・プレフィルター
 
・フィルター・ストレートパイプ・ノズル 隙間ノズル

 

 

主な仕様

 

吸い込み効率 30/20/5(パワフル、強、標準)

 

集塵容量 600ミリリットル

 

電源  スライド式Li-ionバッテリー直流10.8V-1.5A

充電時間 約22分

重量 約1,3Kg

 

使ってみた感想良かった点

 

➀軽くて取り回しが簡単なので、毎日使ってもストレスを感じません。

 

➁掃除をしているとサイクロンアタッチメントの中にホコリが溜まって来るのが見えるのでこんなに取れたと言う掃除をした感が半端ではない。

 

※一回の掃除でこんなにホコリが取れてビックリしました。暫く掃除機が無くてホウキと塵取りで掃除していましが、やはり細かいホコリが沢山溜まっていました。

 

 f:id:sikinomori117:20191212122751j:plain

 

➂サイクロンアタッチメント内の掃除は簡単に出来ます。ワンタッチで外して燃えるゴミ袋の中へポイと捨てるだけです。

 

➃プレフィルター部分には殆どゴミが溜まらないので、吸引力が長く持続します。

 

4回掃除機を使った後でプレフィルター内の状態を見てみましたが、周りに少しホコリが付着しているだけでした。

 

軽くはたいてOKです。

 

 f:id:sikinomori117:20191212123613j:plain

 

➄10,8Vではパワー不足かなと思っていましたが、実際に使ってみると結構凄くパワー がある事を実感します。パワーの切り替えも(パワフル・強・標準)と用途に合わせて自由に切り替えが出来るので大変便利です。

 

⑥1回のフル充電で部屋中の掃除が出来て、更にバッテリーは余っています。

 

⑦部屋を二回り掃除して約30分弱ですが、バッテリー低下のランプが点滅し充電が必要であることを知らせてくれるので大変分かりやすいです。

 

※通常運転時は白いランプが点灯しっぱなしになっていますが、バッテリーが低下してくると、ランプが点滅し出して吸引力が低下してきます。

 

中欧の白い表示ランプがバッテリー低下を知らせてくれます。

 

 f:id:sikinomori117:20191212123953j:plain

 

改善すべき点

 

購入したマキタの充電式クリーナーは大変気に入ってるんですが、改善すべき点もあります。

 

既に別のタイプでは、パイプが抜け落ちないロック式のものが発売されていすが、私が購入した仕様のものは、掃除中にアタッチメントのパイプの取り付け部(テーパーになっている部分)に弛みが生じ抜け落ちることがありました。

 

何故?抜け落ちるのかを、検証してみると下記のような結果になります。

 

抜け落ちる原因は連結部の緩み!

本体部分の先端は掃除の利便性のため?斜めにカットされていますが、そのために本体側の内面部分の接触面積が少なくなり、掃除作業中の前後動作等でテーパー部分に弛みが生じる事が抜け落ちる原因であると個人的には判断しています。

 

 f:id:sikinomori117:20191212135413j:plain

 

差し込みを強くすれば、よほど外れる事はないと思いますが、やはり形状的に少し無理があるように思います。

 

下の様に強めに差し込んでも、作業中のタワミ等でどうしてもテーパー部分に緩みか生じて来ます。

 

 f:id:sikinomori117:20191212131539j:plain

 

床面掃除用ノズルの形状と比較してみれば良く解ると思いますが、差し込む部分のテーパー面が内径部分の全面に当たるため、接触面が大きく全く弛みは発生しません。

 

逆に1度差し込むと外そうとしても外れなくなるくらいにテーパー面が密着しています。

 

 f:id:sikinomori117:20191212131847j:plain

 

テーパー面で連結させて作業するものには例えば縦型ボール盤のテーパードリルや旋盤のローリングセンター等ですが、テーパー部分に少しでも隙間が生じると簡単に外れてしまいます。

 

特にテーパーの元になる部分(太い部分)の面に隙間があると取り付けの際はしっかり固定されているように見えても、振動や動作等により弛みが生じ安くなります。

 

 

簡単に出来る抜け防止対策! 

 

テーパーの根元部分をしっかり固定すれば弛まない

 f:id:sikinomori117:20191212121711j:plain

 

そこで考えたのが、クリーナー本体部分とサイクロンアタッチメントの部分を滑りにくいシリコンのチューブを巻いて固定することです。

 

シリコンチューブは魚の飛び出し防止用に使ったものを利用し、外周を固定する物には、波板張りで使った耐候性の結束バンドを使いました。

 

シリコンチューブの代わりに厚手のゴム板やビニール等でもOKだと思います。

 

固定用の結束バンドの代わりに、ネジで締め上げるタイプのホースバンド等を使えば、パイプを外したい時も簡単に出来ると思います。

 

自宅に有ったもので対策出来たので改善費用はゼロ円です。

 

固定順序

 

➀連結させるテーパー部分を綺麗に掃除、クリーナー本体内部も汚れを綺麗に拭き取ります

 

➁テーパー面がしっかり密着するように回転方向に回しながらしっかり固定します。

※この段階でテーパー面の先端部分はしっかりと内面に密着しています。

 

➂連結した根本部分に滑り難いシリコンチューブ又は厚手のゴム板等を適度な大きさに切り、アタッチメントの上部と本体を囲むように取り付けます。

 

➃結束バンド又はホースバンドで外周に弛みが出ないように締め付けます。

※作業中の前後左右動作にもテーパー部分に弛みが発生しません。

 

この対策はテーパー面に弛みが出ないようにした原理・原則に元ずく対策内容です。

 

効果確認

 

バッテリーフル充電で、部屋を何度も掃除して充電ランプが点灯するまで使ってみましたが取り付け部分の緩みは全く発生していません。

 

掃除作業中に連結部分に弛みが出ないことが抜け防止効果になっていると思います。

 

今日は2月8日ですが、この対策を行ってから毎日掃除機を使っていますが、一度も外れたことがありません。

 

緩みが生じない事を証明した形になったと思います。


まとめ

 

今回購入したマキタの充電式クリーナーは本当に買って良かったと思います。

 

何が良かったかと言えば、部屋の中が何時も綺麗になったことです。

 

軽くて取り回しが楽なので、何時でも気軽に掃除しているからだと思います。

 

サイクロンアタッチメントも工夫次第で全く問題なく使えています。

 

以上、マキタの充電式クリーナーとサイクロンアタッチメントの抜け防止に関する記事をまとめてみました。

 

ご家庭にある材料で簡単に抜け止めが出来ますので良かったらお試し下さい。

 

尚、記事下の商品紹介には、クリーナー本体が別タイプで使用出来るロック付きもご紹介しておきます。 

 

ここまでご精読ありがとうございました。

 

スポンサーリンク