趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

4Kテレビ選びならコレ!チューナー・レグザNEO搭載ハイセンス50A6800 !

f:id:sikinomori117:20200202153610j:plain

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

先日近くのホームセンターに置いてあった大型の4Kテレビを観て、その画面の綺麗さに圧倒されました。

 

4Kテレビはハイビジョンテレビの4倍もの解像度を持っており、その驚異的なきめ細かさで、二次元でも臨場感、立体感を感じることが出来ます。

 

綺麗な森林の映像を見ていましたがテレビを観ていると言うより、その向こうに明るく照らされた美しい森があるかのように感じることが出来るのは本当に素晴らしいです。

 

今回は、ご自宅で使用中のテレビを買い替えを検討されている方で、4Kテレビが欲しいけど、新聞広告のチラシに入っている様な高価な物は手が出ないし、画質も綺麗なら格安4Kテレビを視野に入れてもいかな?とお考えの方に、雑誌やネット上でも話題のテレビをご紹介したいと思います。  

 

値段も手頃で一定のスペックを持っている2020年現在コスパ最高の4K液晶テレビっていったいどれなのかを調べてみたら、東芝と共同開発されたレグザエンジンNEOが搭載された4Kテレビで画質が飛躍的に向上したハイセンス50A6800がNo1になっていました。

 

格安4Kテレビハイセンス 50A6800

 

2019年5月下旬発売の商品

 

東芝の技術を格安テレビに導入

 

※4Kチューナーを搭載している

※画質もある程度良い

※スマートテレビ機能もある

 

スポンサーリンク

 

どんなスペックなの?

 

①画面サイズ43インチ

 

②レグザエンジンNEO搭載

 

③BS/CS4Kチューナー内蔵で外付けチューナー無しで、そのまま新衛星放送が見れます。地デジ、BS、100°CSもそれぞれに3チューナーを搭載。SRM対応、自動画質調整、ゲームモード搭載

 

④【ハイエンド特有機能】4KRGBパネル、HDR10やHLGに対応

 

⑤【モデル共通機能】メーカー3年保証、外付けHDD裏番組録画

 

⑥画面寸法94.12×52.94(㎝)、画素数3840×2160

 

⑦バックライト:直下型LED、パネルコントラスト比:4000:1

 

⑧応答速度:8ms、音声出力:7W×2、消費電力:120W、省エネ基準達成率161%

 

⑨本体寸法(スタンド含む):96.1×60.6×21.4(㎝)

 

家電のプロも絶賛

 

この商品は中身が殆ど東芝で性能的にもレグザの兄弟と呼ぶに相応しい優れもので、以前のハイセンスとは比較にならないくらいクオリティの高い製品です。

 

家電のプロもこれなら衝動買いしても大丈夫だと太鼓判を押していました。

 

このスペックで5万円台で購入出来るなら、チェックしてみる価値はありそうですね~

 

スポンサーリンク 

 

 

www.mominokihausu.com