趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

パンク修理剤の使い方!スペアタイヤが無い車の必須知識!

f:id:sikinomori117:20201224183943j:plain

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

突然ですが、最近の車には軽量化のためにスペアタイヤが付いていない車が多いって知ってました?

 

スペアタイヤの代わりパンク修理剤が標準装備されています。

 

パンク修理剤ってスペアタイヤと違ってどうやって使ったらいいのか?解らない方も多いと思います。

 

私も昨年乗り換えた車にはパンク修理剤が標準装備されていますが、正直使い方が理解出来ていませんでした。

 

こそで今回の記事はスペアタイヤが無い車を運転している方にパンク修理剤の使い方!についてお伝えして行きます。

 

目次

 

 

 

走行中のパンク発生は低頻度

 

スペアタイヤが無いと何となく不安になりますが、私の場合は車を運転し始めて40年以上になりますが、走行中にパンクを経験したのは、林道を走っている時に、側溝の角にタイヤの側面を当ててしまったことが一回あっただけでそれ以外はありません。

 

最近の道路はよほどの山間部の林道でもない限りは舗装されているので、通常の走り方をしていれば走行中にパンクすることは殆ど無いと思っても良いわけですね。

  

パンク修理剤が使える場合

f:id:sikinomori117:20201224194230j:plain

 

そんなことで、パンクをする頻度は非常に少ないとは思いますが、万が一パンクしてしまった場合はパンクの状況によってはパンク修理剤が役立ちます。

 

パンクの状況とは、外周部分に小さな釘などが刺さっている場合等は応急処置としてパンク修理剤が使えます。

 

パンク修理剤が使えない場合

 

一方、パンク修理剤が使えない場合はどんな時かと言うと、私が経験したようなタイヤ側面が破れてしまった時のように明らかにタイヤ交換が必要な場合、又は側面に穴が開いてしまったようなダメージが大きい場合はパンク修理剤では対応出来ません。

 

関連記事 

www.mominokihausu.com

 

パンク修理剤の使い方

 

このパンク修理剤の使い方に関しては購入した車の取説に詳しく書いてありますが、イザと言う時に取説を開いて作業するのは現実的には中々出来ません。

 

どのページに書いてあるか?などのんびり調べている余裕が無いからです。

 

そこで、事前に取説を抜粋してコピーを取り、ダッシュボードの中に入れておく事が重要だと思います。

 

実際私もコピーを取りパンク修理剤の操作手順を整理してみました。

 

取説の操作手順

 

①パンク修理剤ボトルをよく振る

 

②コンプレッサーにパンク修理剤ボトルを強く押し込み固定する

 

③パンク修理剤ボトルにホースを差し込む

 

④パンクしたタイヤのバルブキャップを外す

 

⑤ホースの口金からホース栓を外す

 

⑥ホースの口金をパンクしたタイヤのバルブに接続する

 

⑦コンプレッサーの電源OFFの確認

 

⑧コンプレッサーの電源ソケットを車両のアクセサリーソケットに差し込む

 

⑨パンク修理剤ボトルのシールを剥がす

 

⑩速度制限シールを運転席から良く見える部分に貼る

 

⑪タイヤの指定空気圧を確認する

 

⑫エンジンを始動する

 

⑬コンプレッサーの電源をONにしてパンク修理剤と空気を充填する

 

⑭空気圧ゲージで確認しながら指定空気圧になるまで昇圧する

 

※コンプレッサーの電源をONにした後、暫くはパンク修理剤を注入するため一時的に空気圧ゲージが約300~400kpaまで上がります。

 

※一分程度で実際の空気圧表示になります

 

⑮指定圧まで昇圧出来たらコンプレッサー電源をOFFします

 

⑯アクセサリーソケットから電源プラグを抜きます

 

⑰タイヤのバルブからホース金具を取り外します

 

⑱バルブキャップを応急処置したタイヤに取り付けます

 

⑲ホース口金にホース栓を取り付けます

 

スポンサーリンク

 

動画でパンク修理剤の使い方を確認

 

大まかに手順を書きましたが、百聞は一見にしかずで、パンク修理剤の使い方についての滋賀ダイハツさんが作られた動画がありました。

 

私も確認してみましたがめちゃくちゃ解りやすいです。

  

まだ使ったことの無い方は、万一の場合に備えてこの動画を一度観ておくことをお勧めします。

 

数回観ておけば頭に入るので、イザと言う時に役立つのは間違いありません。

 


ダイハツ『タイヤパンク応急セット』の使い方

  

まとめ

 

今回の記事は、タイヤのパンク修理剤についての内容でした。

 

パンク修理剤が使える場合と使えない場合の状況を確認して適切な処置をすることでイザと言う時に役立てることが出来ると思います。

 

スペアタイヤが無い時代だからこそ、事前に操作手順を確認してイザという場合の備えをしておくことが必要だと思います。