趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

Makita充電式クリーナー用フィルタの適用モデルと交換方法!!

f:id:sikinomori117:20210624190419p:plain

  

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

今回はMakita充電式クリーナーを初めて使う方やフィルター交換をしたいけど型式が分からない方のために充電式クリーナー用フィルターの適用モデルと交換方法についてお伝えして行きます。

 

ここでお伝えするフィルター(A-50728)は私が使用しているモデル(CL180FD)にも適用していますがその他のモデルにも使えますので、交換方法と併せて詳しくお伝えします。

 

目次

 

 

 

フィルター型式(A-50728)

f:id:sikinomori117:20210624171318j:plain

 

私が毎日愛用しているCL108FD(10.8V)にも使われています。

 

フィルターの適用モデル

f:id:sikinomori117:20210624171113j:plain

 

このフィルターが使われているMakita充電式クリーナーは下記に示す通りです。

 

4070D・4071D・CL070D・CL100D・CL140FD・CL180FDこれらの機種であれば同一フィルターが使えます。

 

フィルター交換方法

 

①始めに充電式クリーナー本体からフィルター部分の連結を切り離します。

 

本体を持ってフィルター部分を左に回転させます。

 

フィルター部が本体にセットされた状態

f:id:sikinomori117:20210624171144j:plain

 

フィルター部分を左回転させて緩めた状態

f:id:sikinomori117:20210624172756j:plain

 

※上写真の中央部分に有る合いマークはフィルター部分が外れた位置になり、フィルター交換後にはこの状態から右に回転させる事でロック出来ます。

 

フィルター部を本体から抜き出した状態

f:id:sikinomori117:20210624173111j:plain

 

②内部のフィルターケースを回転させて取り外します。

 

90度回転させると切り欠き部分が外れて取り外せます

f:id:sikinomori117:20210624171133j:plain

 

③フィルターケースからフィルターを取り出し新しい物と交換します。

 

この時ゴミや埃が落ちますので大きめのゴミ袋の中で行うと周囲が汚れずに済みます。

 

ケースからフィルターを取り出して交換します

f:id:sikinomori117:20210624171102j:plain

 

以上、Makita充電式クリーナーのフィルター交換は殆どワンタッチで行えるくらい簡単に出来ます。

 

尚、CL180FDにはサイクロンアタッチメントを併用するとフィルターの汚れや詰まりも軽減出来るのでお勧めだと思います。

 

関連記事

 

Makita充電式クリーナーの使用レビューとサイクロンアタッチメント抜け止め対策について詳しく書いた記事がありますのでこちらからご覧下さい。↓ ↓

 

www.mominokihausu.com

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

まとめ

 

以上、Makita充電式クリーナー用の交換フィルター(A-50728)の適用モデルや交換方法についてお伝えしました。

 

参考になる部分があれば幸いです。