趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

フロントガラスの確実な霜取りと切り返し運転で接触事故を未然防止!

f:id:sikinomori117:20190920072324j:plain

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

後1週間もすると10月になります。

 

今朝は早朝に車の運転をしようとしたら、フロントガラスに水滴が全面に着いていました。この季節なのでワイパーを動かせばすぐにとれます。

 

しかし寒い冬場になるとそうはいかなくなります。

 

真冬の車通勤で一番の困り事と言えば、フロントガラスにバリバリに凍り付いた霜ではないでしょうか。

 

10年以上前の話になりますが、霜取りをしっかりやらずに車を動かして、左隣に停めてあった車に接触してしまったことがありました。

 

早朝なので、メモ書きを残してその日の夕方謝罪に伺いました。

 

私の不注意で大切な車に傷をつけてしまい本当に申し訳ない気持ちでした、修理等の事後処理を済ませて、自分なりに再発防止策を考えて実践して行くことにしました。

 

目次

 

 

 

 

 

記事の選定理由

 

真冬の朝に車のフロントガラス等の霜取りを完全に行わずに車を動かすと、思わぬ事故を引き起こすことの体験から、駐車場の状況把握から問題点、具体的な対策、効果の確認等を整理して駐車場から車を出す時の接触事故防止を図るためにこの記事を書くことにしました。

 

※ご自宅に屋根付きの車庫をお持ちになっている方はスルー下さい。

 

現状の把握

 

駐車場は前向き駐車で、停車した状態から車を移動する場合はバックで区画線から車を出すことになる。

 

車幅と全長の大きな車が隣に停車していると、ハンドルを切り返すポイントを少しでも間違えると左右の車に接触する危険性がある。

 

 f:id:sikinomori117:20190920080529j:plain

 

問題点

 

⑴バックで車を区画線から出す場合は車全体のガラスに付着した霜を完全に取らないと車の車幅感覚等が判り難く、勘に頼っての運転になってしまう。

 

早朝出勤前の忙しさで、車の霜取りをしないと車が動かせないことが頭から離れてしまう。

 

車のヒーターのみでフロントガラス等の霜を溶かすには最低でも10分以上はかかり、出勤時刻に相当の余裕を持っていないと、始業時刻に間に合わなくなる。

 

⑵何時もの勘に頼って一気に車を動かすと、周囲の車の置き方が少しでも変化すると左右に接触する可能性がある。

 

対策⒈ 確実な霜取り

 

確実な霜取り用に準備するもの

 

2Lのペットボトル1本又は2本

 

準備する方法と時間

 

朝食の時に沸かしたお湯をペットボトルに入れて暖かい場所に置いておく。

 

熱湯は火傷の危険性があるので、少し温めておく位のお湯でOK。

 

ファンヒーターの2m位前に置いて出掛ける前まで保温。

 

素早く霜を取る手順

 

➀エンジンを掛けて、車内暖房の風がフロントガラスの内側に当たるようにして出来るだけ最大風量で内側から温めます。

 

➁バリバリに凍り付いたフロントガラス全面にペットボトルのお湯をサーとかけます。氷が少し解ける位まで掛けます。

 

➂直ぐにワイパーを動かして霜を取り除きながら、残りのお湯をかけて行きます。多少水が飛びますが気にしない気にしない!

 

➃後部座席側のガラスにも同じようにお湯を掛けてワイパーで取り除きます。

 

➄側面のガラスや視界を妨げる部分もしっかりと霜を落とします。

 

これだけの作業でもお湯を使えば5分位あれば十分に出来ると思います。

 

お湯を掛けないでスクレーパーのようなもので霜をかきとるのはガラスに細かい傷をつける恐れがあるのであまりお勧めできません。

 

対策2.切り返し運転の順守

 

急いでいるからと言って、勘に頼って1回で車を出そうとせづに、2回~3回切り返しを行い100%安全な状態にして区画線から移動する。

 

後方に充分な余裕がある駐車場なら区画線から車体が完全に出るまでハンドル操作をする必要はありませんが、一般的な駐車場は車体が半分位出たらハンドルを切らないと、後部に停めてある車に当たってしまいます。

 

切り返し運転をすることで左右の車が変わったり、停車位置が違っている場合にも確実に対応が出来ます。

 

対策後の効果確認

 

➀お湯を使った確実な霜取りにより、ガラスに入る傷の心配をすることもなく、視界の不安がなくなり安心して車を移動出来るようになりました。左右に停車している車にも迷惑をかけなくなりました。(10年以上経過)

 

➁切り替えし運転の励行に伴い狭い場所でも左右の車幅確認がしっかり出来るようになりました。当たり前の切り返し運転が身に着いたように思います。

 

まとめ

 

➀真冬になると必ず必要になる車の霜取り、最も確実なのは自宅からお湯を持ち出して凍り付いた部分を融かす方法です。

 

当たり前の方法ですが、意外と実践している方は少ないように思います。

 

➁狭い駐車場に前向き駐車している方は既に実践している切り返し運転を霜取りと併せて確実に行うことで、駐車場から車を移動する時に発生する接触事故を未然防止して行きたいです。

 

霜取りなんて面倒なことはしたくないと思われている方にはこちらの霜・雪除けが効果的です。

 

スポンサーリンク

↓ ↓ ↓ 

 

関連記事

www.mominokihausu.com