趣味を楽しむDIYな暮らし

手作りのくふうを活かした日常生活ブログ

再利用が出来る結束バンド『 リピードタイ』の構造と使い方!

f:id:sikinomori117:20201009165124j:plain

 

こんにちは ご訪問ありがとうございます。

 

DIYでホース類や電気配線のとりまとめ等で良く使われている結束バンドは一度締め付けると取り外すことが出来ない構造になっています。

 

普通の結束バンドは頻繁に取り外す必要がない制御盤内の電気配線の固定などに使われていますが、取り外しが必要な場合はニッパ等の工具を使って切断する必要があり一度外した物は再利用が出来ません。

 

そこで、必要な時に簡単に取り外し出来るアンロック機構が付いた再利用可能なリピードタイの構造と使い方、実際の使用例等についてお伝えして行こうと思います。

 

風が強い時にベランダに置いてある物干しやプランターの支柱などを一時的に固定するのに大変便利です。(農業用のリピードタイもあります)

 

目次

 

 

普通の結束バンドと何が違うの?

 

普通の結束バンド

f:id:sikinomori117:20201009164648j:plain

 

普通の結束バンドは上図のようにアンロック機構が無いために一度締め付けると外すことが出来ない構造になっています。

 

このタイプの物は外す必要がない所に使うものだと思います。(電気配線や配管等)

 

再利用が可能なリピードタイ

f:id:sikinomori117:20201009165124j:plain

 

上の図はリピードタイをセットした時の状態です。このまま引き抜くことは出来ませんが、下図に示すアンロックレバーを押さえる事によって簡単に外すことが出来ます。

 

f:id:sikinomori117:20201009165223p:plain

 

アンロックレバーを押さえる事によってロック爪の部分が開き、一度セットした部分を直したい場合も簡単に修正することが出来ます。

 

横から見たリピードタイの形状

f:id:sikinomori117:20201009164932j:plain

 

リピードタイを側面から見たものですが、右側がアンロックレバーになります。

 

裏面から見たロック爪の形状

f:id:sikinomori117:20201009164916j:plain

 

ロック爪の部分を裏面から見た図ですが、左側の尖った部分がロック爪になります。

負荷が加わると食込むような構造になっています。

 

リピードタイ実際の使用例

f:id:sikinomori117:20201009190911j:plain

 

当ブログでもご紹介しているマキタ掃除機使用レビュー(サイクロンアタッチメント外れ防止)でもこのリピードタイを使っています。

 

狭い所を掃除する時は、アンロックレバーを操作すれば簡単にアタッチメントが外れますので使い勝手が大変良くなりました。

 

必要に応じて着脱が出来るようになったのもこのリピードタイのおかげです。

 

アタッチメントが外れない工夫と併せて作業性も向上しました。

 

f:id:sikinomori117:20201009190955j:plain

 

関連記事 

アタッチメント抜け止めに利用

www.mominokihausu.com

 

波板の固定にも利用しています  www.mominokihausu.com

 

スポンサーリンク

 

耐候性のある屋外用

 

園芸用のリピードタイもあります

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

屋内外で多目的に使える結束バンド(リピードタイ)は再利用出来るので大変便利です。利用目的に併せて色々なタイプが有りますので大きさ長さ等を選んで頂ければと思います。